伝統構法・石場建てによる、木と土壁の化学物質を使わない健康的な住まいづくり

宍粟市薪熱エネ化計画

  • HOME »
  • 宍粟市薪熱エネ化計画

ここ兵庫県宍粟市では、

人口が1月末で4万人を下回ったことを受け「人口減少非常事態」が発令され、

深刻な事態となっています。

確かに、宍粟市に住んでいる者からしても、

宍粟市の魅力は少なく元気ががないように思えます。

そこで、宍粟市の特色といえば森林です。

宍粟市は土地の90%が山林でそのうち75%が人工林と言われています。

そこに目を付けました。

宍粟市薪熱エネ化計画とは、宍粟市の森林資源を利用し、建築用材を取り、

その残りで、薪を作って、薪ストーブや薪ボイラーの燃料にします。

年間、暖房や給湯に使う化石燃料などのエネルギーに使うお金は、

家庭により異なりますが、5万円から15万円と言われています。

今まで地域外に漏れ出ていたお金を、地域内で循環させることで、

地域を潤わせ、宍粟市を元気にさせる計画です。

今なら、宍粟市では薪ストーブ・薪ボイラーの助成金が、

最大で20万円支給されるのでうまく利用しましょう。

さて、人工林の主は杉やヒノキは針葉樹です。

鋳物などの薪ストーブは、針葉樹を燃やすと炉内が高温になりすぎて、

ストーブを壊してしまう可能性があるようです。

 

そこで、登場するのが、スペインPANADERO社の薪ストーブ。

薪ストーブの特徴は。

1つ。(価格)

商社を介していないので、何といっても「低価格」

 

2つ。(炉内の秘密)

従来の広葉樹しか燃やせなかった、今までの薪ストーブとは違い、

PANADERO社の薪ストーブは、針葉樹をガンガン燃やせます。

その秘密は、炉内に内包された、「バーミキュライト」。

バーミキュライトが、炎から薪ストーブのボディを守ります。

 

3つ。(煙突)

日本初登場

スペイン・DINAK社製の煙突。従来のSUS304の煙突とは違い、

SUS316。純度が高く、モリブデンが多い、質の高いステンレスを使うことと、

極めつけは、普通の煙突の厚みは、0.5mmのところ、

DINAK社製の煙突は「0.6mm」もあり、今までにない高耐久を実現。

 

さて、気になる、ストーブのラインアップは3機種

 

 

Isla

サイズ:H854×W796×D463
燃焼室サイズ620×286
最大薪長さ:60cm
エアウォッシュ/ バーミキュライト/ 3 次燃焼
どんな薪でもどんどん入る大容量ながら、抜群の燃焼効率
と暖房能力を誇るNo1 おすすめモデル。燃焼室内の断熱
材(バーミキュライト)と鋼板、3 次燃焼の組み合わせで、
針葉樹を主な燃料にできる耐久性の高さ、素晴らしい立ち
上がりの早さ(着火後すぐに暖かくなる)と高燃費・火持
ちの良さが実現されました。扉ガラスの大きいシンプルな
デザインでダイナミックな炎も楽しめ、広い天板では様々
な料理の加温・保温も可能です。

 

 

 

Roca

サイズ:H879×W857×D469
燃焼室サイズ:620×286
最大薪長さ:60cm
エアウォッシュ/ バーミキュライト/ 3 次燃焼 / ソープストーン
上部・側面にソープストーンを装着したIsla の上位モデルです。
保温性が上がり、火持ちも抜群で、火が落ちた後も暖かさが持
続します。石の素材感による美しい佇まいも魅力です。

 

 

 

Rio

サイズ: H695×W600×D355
燃焼室サイズ:440×320
最大薪長さ:50cm
エアウォッシュ/ バーミキュライト
小さいサイズをお求めの方にはこちら。シンプルながらしっか
り暖かく、後部に煙突を接続することで天板も広く使えます。

 

薪ストーブは装着したが、薪の調達に困るという声もお聞きするので、

行く行くは、薪の製造販売を行っていきたいと考えています。

薪ボイラーとPANADERO社の薪ストーブを使い、

宍粟市の薪をガンガン使って、宍粟市を元気にしましょう!!

 

 

 

 

 

 

伝統構法以外の事でも、お家の事なら何でもお気軽にお問い合わせください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • facebook
PAGETOP