伝統構法・石場建てによる、木と土壁の化学物質を使わない健康的な住まいづくり

小川大工の過去帳⑩

2016年10月8日(土)

刻みは続いております。

imgp2480

さて、あと一日で刻みは終了の予定。

その後は、安積の家の解体作業。

また、別件での床の改修工事に10日ほど行ってきます。

勝手ながら日記帳はしばらくお休み致します。

また帰ってきて、足固めの取り付け工事が着工すれば、

日記帳を再開したいと思います。

おそらく、月末になるかな~?

 

では、よい週末を!!

 

 

 

 

 

2016年10月7日(金)

久々にいい天気続き、気候も良く仕事日和。

ササラの刻み。

蟻落としの掘り込みも済ませ。

imgp2478

済んだ材を積み込み。

imgp2477

呼吸をしないように養生です。

imgp2479

明日もどんどん刻みます。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

2016年10月6日(木)

半日かけて、鑿の修正砥ぎ。

午後から、刻みスタート。

先ずは、蟻落としの仕口から刻みます。

imgp2475

刻めば、大入れ部分に滑りを付け、

サイズを板に写し取ります。

imgp2476

どんどん刻みたいと思います。

 

さて、皆様にここで一つ報告。

春から弟子入りしていた、ヒロ君。

今日をもちまして、小川建築から去ることになりました。

理由は、忍耐不足。

強い意志をもって弟子入りしましたが、

やはり、今日日の若者。

日々怒られることには我慢ができなかったようです。

彼がやめたことは、全然なんとも思わないが、

自分自身、親方になる力量がなかったのが残念でなりません。

当分引きずりそうだな・・・

 

まっ、弟子を育て上げたい願望はまだあるので、

また、ほとぼりがさめた時に募集をかけたいと思う。

 

今後は、無理して受けようと思っていた仕事はお断りして、

できる範囲の仕事を無理せずコツコツとやっていこう。

少し、手が遊んでもいいので、意に反する仕事はしないでおこう。

 

さて、明日からは、またまた一人の作業。

気楽に楽しみながらいきます。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

2016年10月5日(水)

台風が最接近していますが、

皆さんのお宅は雨などの被害は大丈夫ですか?

台風と言えば、今まで携わったお宅や、今現在の現場が心配になります。

何事もなく通り過ぎてくれればいいですが・・・

 

さて、作業場では、

足固めの墨付けも終え、

imgp2472

今度は刻みに入ります。

一年ぶりの刻み道具たち。

機械の刃を付けたり、油を塗ったり。

使う前のメンテナンスを少々。

imgp2474

明日からは刻もう。

 

さて、僕の大工人生はまだまだ20年そこそこ。

今思えば、いろいろあった。

そんな中でも、いろんな転機があった。

僕に二人の親方がいる。

一人目の親方についたときは、4年半お世話になった。

人にさせるのが嫌で、自分でしないと気に入らない親方。

僕の修行はだらだらと、何もできないまま4年半が経つ。

そんな自分が情けなくこれではいけないと、一念発起。

 

次についた親方が、たまらなくきつかった。

とにかく理不尽にきつかった。

何回シバいてやろうかと・・・そんなわけにもいかず。

我慢の連続。

しかし、その親方には感謝してる。

口や態度はとことん悪かったが、どんどん新しい仕事をさせてくれた。

僕もそれに応えようと、なにふり構わず必死だった。

その結果、2年経たないうちに一人前にしてくれた。

 

今考えれば、これが最初の大きな転機だったと思う。

人生の出会いとは、超絶妙な縁でできてると思う。

何かの縁の出会いを、

いい方向にするのも自分。

壊すのも自分。

自分の動き次第で、その後の人生なんて180度変わってくるんだと思う。

 

いつかはこうありたい。こうなりたいと思うなら、

何かの絶妙な出会いを大切にしないといけない。

そして、ここぞというときには、

必死のパッチの死ぬ気の覚悟で挑むべきだと僕は思う。

 

大半の人が、死に際に思うことがあると、先日Facebookで目にした。

その記事には、もっと挑戦すべきだったという後悔が一番多いらしい。

 

僕が心がけていること。

明日後悔しないように今日を精一杯やるということ。

日々忙しく、忘れてしまうこともあるが、

自分を見失った時には、いつもこれを思い出す。

 

結論。

自分ひとりの力なんて、たかが知れていて、

いろんな絶妙な出会いした人たちと、重なり合って生きている。

そんな人たちに感謝することを忘れず、

日々を必死のパッチで生きる事。

これができれば、道は開けてくるように思うし、

万が一、道が開かれなくても、

今まで、必死のパッチでやったのだからあきらめはつく。

後悔のある人生を歩まないように、

必死でやっていきたい。

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

2016年10月4日(火)

足固めの墨付け中。

imgp2470

八畳の間5部屋ほどの広さがあるので、

足固め、ササラともに結構な数があります。

imgp2471

足固め墨付け、残すは3本になりました。

墨付けが終われば刻みに入ります。

 

さてまたまた台風が来ております。

皆様お気を付けください。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

2016年10月3日(月)

墨付け再開。

ササラの墨付け。

imgp2464

木口の端切りをして、割れ止めのボンドを塗っていきます。

imgp2465

ササラの墨付けも終わり、

次は足固め。

既存の柱に足固めを固定していきますが、

ボルトは使わずに施工しようと思っています。

そこで、使うのが雇いホゾ。

写真は雇いホゾを足固めに彫り込む為の定規です。

4寸柱は1寸2分のホゾで決めていますが、

既存柱を痛めすぎないように、今回は一寸のホゾです。

imgp2466

足固めの墨付けは続きます・・・

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年10月2日(日)

今日は、事務仕事の一日。

さて、告知ですが。

10月29日(土)30日(日)

姫路で作事組全国協議会総会2016in姫路

が開催されます。

img034

作事組全国協議会とは、簡単に言えば、

各地域で町家や民家が姿を消し、歴史的町並みが失われています。

それを残そうという活動の会で、各地域と連携し活動をされています。

そして今年が、姫路での全国大会です。

この中では、町家の見学・文科会・シンポジウムなどが行われますが、

その中でこれ。

シンポジウムのチラシです。

img044

僕は、何かの縁で大工棟梁のパネリストとして、

参加させて頂くことになりました。

光栄なことでうれしいですが、大勢の前でうまく話せるかな??

と少し不安ですが、精一杯自分の想いを話せたらと思います。

img045

10月29日(土)14:00から

時間のある方はぜひ、姫路文学館へお越しください。

よろしくお願い致します。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

2016年10月1日(土)

棟上げの応援を一日早く切りあがり、

今日から、墨付けの作業に入りました。

先ずは、看板板の最終仕上げから。

どのように収まるかを決定していきます。

imgp2457

 

今日はササラの蟻落としの墨付け。

imgp2460

さて、明日は作業はお休みして事務仕事。

来週からは、本格的に墨付けを進めます。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月29日(木)

ご無沙汰しております。

ここ数日、お友達の大工さん棟上げの応援へ行ってきました。

二軒の伝統構法の建て方だったので、棟上げの応援にしては長期になりましたが、

とても勉強になりました。

と言いつつ、応援最終日は、雨のため延期になっております。

 

さて、昨日から

安積の家。足固めの加工に入っております。

6寸のささら。

imgp2447

7寸の足固め。

imgp2450

加工完了。

伝統構法の家なので、伝統構法のお仕事で修理していきます。

 

さて、明日と明後日はまたまた、雨で延期の建て方の応援へ行って参ります。

日記帳はまた来週から復帰します。

よろしくお願い致します。

ではまた後日。

伝統構法以外の事でも、お家の事なら何でもお気軽にお問い合わせください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • facebook
PAGETOP