伝統構法・石場建てによる、木と土壁の化学物質を使わない健康的な住まいづくり

小川大工の過去帳⑨

2016年9月21日(金)

バージョンアップ後おHPですが、

日記帳だけに影響が出ているようで、

昨日以降はバラバラになっております。すみません。

さてさて、今日は材料を準備し、

imgp2431

間竿を作りました。

imgp2430

この間竿がすべですので、

慎重に丁寧に作ります。

imgp2433

次は、看板板を作り、

加工に入りたいと思います。

 

さてさて、明日からは、棟上げの応援へ行きます。

僕が、棟上げの応援に行くのは、ほとんどなく珍しいのですが、

伝統構法で建てる2軒の工務店さんの、棟上げが3日と3日の計6日間続きます。

勉強になるので楽しみです。

日記帳は、来週の30日(金)から再開させて頂きます。

それではしばらくの間ごきげんよう。

ではまた後日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月20日(木)

昨日の事ですが、HPをバージョンアップしたところ、

HPの管理画面がなんだかおかしな事になっています。

どうしたらいいものか?

悩んでおります。

少しの間、メンテナンスをしようかと思います。

またご報告致します。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月19日(月) 見積もり三昧な数日がようやく終わりました。 僕が見積もりをしている間、 ヒロ君はというと、 imgp2427 ハツリにハッってハツり倒しております。 だいぶ慣れてきたようです。 確実に僕よりはうまいです。 今後が楽しみだ! さて、明日からは安積の家。 本格始動致します。 ではまた明日!!           2016年9月18日(日) 今日は事務所に引きこもり、 昨日の打ち合わせのお宅の見積もり作り。 ここ数日は見積もり三昧の日々。 そろそろ現場の仕事をしたい。 でも明日も、もう少しの事務仕事。   さて、前にも書きましたが、 僕が伝統構法の家を建てる理由。 いい車に乗りたいわけでも、 おいしいものを食べたいわけでも、 いい時計をしたいことでもありません。   住まい手が、安心して住める、 健康的な家。 地震に強い家。 環境にやさしい家。 長く住める家。 何よりも、住まい手に喜んで頂きたい! そんな想いでお仕事に励んでおります。 そして、僕が伝統構法に携わることにより、 少しでも、世の中が良くなる一助になればと思っています。 この想いが今後もブレないように、日々精進致します!       ではまた明日!!                     2016年9月17日(土) さて、今日もバタバタとした一日。 近隣の方と葬儀。 そして見積もり・拾い出し。 その後は21時過ぎまで、別件での打ち合わせ。 どんなお仕事でも、こちらを頼りにしていただけるのは、本当にありがたく、幸せです。 期待を裏切らないように頑張ります! さて、明日も一日みっちり事務仕事の予定です。 ではまた明日!!         2016年9月16日(金) 中秋の名月。 昨日の夜中。あまりに月がきれいなので撮りました。 imgp2400 写真で見れば何かわからなくてすみません。     さてさて、今日はあるものが届きました。 imgp2402 子供たちに伝えたい家づくり Vol.4 今回までと趣向が違い、 Aさんのストーリー仕立て。 今回も読みやすい本になっております。 小川建築のことも載せて頂いております。 ぜひぜひご購入を!! ではまた明日!!         2016年9月15日(木) 昨日、解体工事が終わり、 床下の全貌が見えたので、最初の計画よりも仕様が変わってきました。 よって、図面の書きかえ、図面が変われば値段も当然変わります。 大至急で図面変更、拾い出しの作業を行っています。 数日かかりそうです。 今日も夜中までの事務仕事になりそうです。 ではまた明日!!         2016年9月14日(水) 床の解体工事完了です。 しかし、床はよく傷んでました。 心配していた、礎石まで降りた柱はほとんど傷んでいなくて、 まだまだ持ちそうです。 imgp2378   これは、一年半前に根継ぎした柱。 imgp2387   明日からは、現場の仕様の予定変更のため、 図面をひいたり、工期と予算の確認。 事務仕事後は足固めや柱の加工に入ります。 ではまた明日!!       2016年9月13日(火) 解体工事は進んでおります。 今日から、床の解体。 床を支えていた足固めです。 足固めといっても、10年ほどの丸太。 見事に白太だけ腐っています。 やはり、若い木を過酷な環境で使うのはやめたほうがいいようです。 imgp2373   床を半分解体し終え、     imgp2377 ようやく、骨組みの内容がわかってきました。 やはり、解体すると、今まで見えない部分が見えてきたので、 方向性が変わってきます。 最初の計画とは、違ってきたので、図面の引き直しです。 明日は、もう半分の床の解体です。 ではまた明日!!         2016年9月12日(月) 安積の家。 解体工事は、少し脱線し、 裏庭の木の伐採、片付けをしております。 最近は、解体やら片付けやら、木の伐採やら・・・ 何屋さんかよくわからなくなってきました。 まっ、これも快適な家づくりをするための大事なお仕事です。 明日も解体工事は続きます。 ではまた明日!!           2016年9月10日(土) 今日も安積の家の解体工事。 解体していて、とても勉強になります。 石場建ての家には、いろいろな方法がありまして、 僕が建てている石場建ては、 礎石まで延びた柱に足固めを入れ、曲げ抵抗で家を強くする考え方。 一方、安積の家の石場建ては、通し柱が礎石まで延び、足固めはあるものの、サイズが小さく、 外周部分は、すべての柱が礎石まで延び、土壁が地面まで塗り下ろしてあり、 礎石と礎石の間には狭間石といって、土壁が地面の湿気を吸い上げないようになっています。 この方法の建て方はこの地域には多く見られますが、 外周の考え方が、僕は納得がいきません。 先ず一つ目は、土壁で外周を塞いでいるので、風の通りが悪く、白アリが発生しやすい。 二つ目は、外周の足固めがないので、曲げ抵抗が生かされていない。 今回の改修では、この箇所を改善して、 床下の環境を風と光ができるだけ入る環境に変えていければと思います。 そうすれば、現在80年の家が、100年・120年・140年と長持ちするのではないかと思います。 なので、今回は、次の世代に繋げる改修ができればと思っております。 さて明日は日曜日。 日記帳はお休みをさせていただき、 また月曜から再開したいと思います。 では、よい休日を!!                 2016年9月9日(金) 解体工事は進んでおります。   さて、僕がお勧めしている家の構法。伝統構法。 なぜこの時代に伝統構法なんでしょう。 理由は、 1.地震に強い。 2.健康的 3.地球にやさしい。 4.経済的。 今日は、4の経済的に目をやってみましょう。 さて、現代は、お金のいることばかり。 ただ生きていくために難しいような時代です。 政府からは税金税金の嵐。 政府がきっちりとした使い方をしてくれればいいものの、 運用失敗など、しょーもない使い方・・・ するすると、僕らが汗水たらして働いて収めた税金が湯水のごとく使われる。 そして、30年住宅の果てしないローン。 こんな、月々の経費がかさんでいるいる現代。 そんな、お金を稼ぐため、自分の大事な時間を削りながら、 多くの方は生活しているように思います。 さてこれで、人間らしい生活なのでしょうか? これからの生活に必要なものとは、やはり長持ちする家だと思います。 僕が思う伝統構法は、初期投資は高くつくかもですが、 次の世代また次の世代には、修繕しながらの生活になるので、 新築を建てるほどは、費用は掛からず、経済的だと思います。 資本主義が頭打ちしてる昨今。 経費を抑える生活をするなら、家を建てる構法は伝統構法以外になく、 派手さはないが、 家族みんなが気持ちにゆとりを持った生活ができる家づくりを提案できればいいなと思います。 ではまた明日!!                   2016年9月8日(木) 解体工事進んでおりますが、 バタバタとしてて、写真が撮れておりません。 安積の家 石場建ての家ですが、床下の環境が悪く、 白アリがあちこちに見られます。 環境が悪いというのは、 土壁が地面まで下りているので、 暗く、風の通りが悪いのです。 なので、せっかくの石場建ての良さが、最大限に発揮できていない。 この改修では、床下に風と光を入れてやりたいと思います。 白アリは明るいところが苦手なので、 うまく改修すると、白アリの発生がかなり抑えられるかなと思います。 もう少し、解体作業は続きます。 ではまた明日!!         2016年9月7日(水) 解体スタート。 朝から白アリ。 硬い桜の木を白アリが食べています。 IMGP2357   」IMGP2358   こんな堅木を食べる白アリも、太陽光を浴びれば、数分で死にます。 やはり、床下の環境は、明るく風の通りがあるほうが良いようです。 さて明日も、解体工事は進みます。 ではまた明日!!               2016年9月6日(火) 築80年のお家の改修が始まりました。 築80年の家の改修工事というネーミングは長いので、 住所が安積なので、これからは、「安積の家」のネーミングでいきます。   さて、安積の家。 改修工事が始まりましたが、先ずは、片付けから。 畳を搬出後、建具を外しました。 IMGP2343 建具を外すと34帖の大広間です。   途中、畳を外していると、畳を白アリが食べていました。 聞けば、訪問販売の白アリ業者が、数年前に工事をしたらしく、 5年保証のはずが、まだ5年に達していないとのこと。 みなさん、訪問販売の輩には気を付けましょうね! あいつらの、目的はきちんとした工事ではなく、お金だけが目的ですからね!   さてさて、明日からは解体を始めます。 ではまた明日!!                       2016年9月5日(月) 今日は、片づけと事務仕事の一日。 さて、明日からはいよいよ、築80年の家の改修工事の本工事に着工です。 先ずは、片づけをして、解体工事を進めていきます。 怪我の無いように無事に作業を進めます。 ではまた明日!!                     2016年9月4日(日) ドリームフェスタ2日目。 朝から、別のブースを出している、お知り合いからお仕事を受注。 61.5センチのお箸。 IMGP2328   仕上がりのお箸。 IMGP2342   僕たちのブースでは、 昨日に引き続き、 ストラップ作り。 IMGP2334   丸太きり。 IMGP2329   カンナ削り。 やはり珍しいのか、多くの方が体験されました。 IMGP2341   多少ですが、皆さんに伝統構法をアピールできたかなと思います。 しかし、とにかく疲れました。 ではまた明日!!             2016年9月3日(土) 姫路ドリームフェスタ初日。 掲示と IMGP2316   展示を済ませ IMGP2317   準備も終わり、   忙しい一日が始まり。 IMGP2318   去年の来場者は8万人。 今年は台風の影響で少ないかな・・・ IMGP2320 IMGP2321   これ以降は、写真がありませんが、 忙しくて、楽しい一日でした。 明日の二日目に備えます。 ではまた明日!!             2016年9月2日(金) 明日からは、姫路の大手前公園でドリームフェスタですよ~。 himeji-dream-festa   時間のある方は是非お越しください。     今日は作り物。 ブースで展示する、パネル作り。 枠は杉板で作りました。 IMGP2312   越屋根のある石場建ての家の特大パネル。     IMGP2313   説明文もしっかり書かれています。 IMGP2315   台風が気になりますが、 土日は雨が降らないことを願います。 ではまた明日!!             2016年9月1日(木) 気が付けば早いもので、もう九月。 九月に入った初日も、バタバタな一日。 朝から、床の改修のお宅へ行き、蜜蝋ワックス塗りを済ませ、 作業場に帰り、午後に向かう現場の準備。 午後から、別の現場へ。 夕方は、ドリームフェスタで使う写真を姫路まで預かりに向かう道中。 ある大学前で、バス待ちの十人ほどの学生に目をやると、 皆さんスマホに夢中。気色が悪い光景。 ゲームをやっているのか、わからないが、若い時の貴重な時間。 目の前の現実を見ずに、スマホの画面に夢中。 一度きりの人生。限られた時間。 僕は自分と言う主人公を使って、ある種、博打にも似た人生のゲームを楽しんでる。 まっ、楽しんでるといえば変かもしれないが、 この伸るか反るかの微妙な感じが面白くてたまらない。 若者よ、もっと自分の人生を楽しんだらどうだ!って思った、 前厄のおっさん大工でありました。 ではまた明日!!               2016年8月31日(水) さて、床の改修工事は終盤を迎え。 ひかりつけをしながら進みます。 IMGP2303   超仕上げをかけているのでピカピカ。 お部屋も明るくなりました。 IMGP2307   明日はミツロウワックス塗りです。 ではまた明日!!           2016年8月30日(火) 今日は床板張り。 IMGP2301 30mmの杉板を捨て張り。 15mmの杉板を仕上げの順で施工しております。 ボンドは必要ヶ所のみ塗って施工しています。 ボンドと言っても、にかわボンドなので安全です。 健康的なお部屋になります。 ではまた明日!!                 2016年8月29日(月) おかげさまで、忙しい日々を過ごさせて頂いております。 今日から、数日間新たな現場へ。 6帖の畳の間を板の間に改修します。 もちろん、杉板です。   さてさて、週末の 9月3日(土) 4日(日) は姫路の大手前公園で 姫路ドリームフェスタが開催されます。 himeji-dream-festa 皆様、時間のある方は是非お越しください。 よろしくお願い致します。 ではまた明日!!           2016年8月28日(日) 宍粟の音楽イベント、THE DAYへ。 お店のお手伝いで参加しました。 IMGP2287 音楽から宍粟市を盛り上げる為のイベントだそうです。 写真はイベント前。 IMGP2289 ヒップホップやレゲエの音ががガンガンなってました。 ジャンルはともあれ、田舎が盛り上がるのはいい事です。   ではまた明日!!             2016年8月27日(土) 見て頂いた方へ。 今日の日記帳はお休みさせて頂きます。 ではまた明日!!               2016年8月26日(金) 杉のフローリング。 厚みは15mm。 もちろん木工ボンドなしで施工中です。 張りはじめと、張り仕舞いだけ、にかわボンドで張りつけます。 IMGP2282   捨て張りは横に、 仕上げは縦に。お互いの材を直交させて張っていきます。   さて今日は、バタバタとした一日。 ようやく夜になりましたが、まだまだ仕事が・・・ 明日も頑張ります。 ではまた明日!!           2016年8月25日(木) 断熱材を使わない床。 捨て張りの30mmの杉板と、 仕上げの15mmの杉板を張っていく訳ですが、 先ずは、捨て張り。 IMGP2277 捨て張りとはいえ、しっかりと実加工がされています。 IMGP2280   張り終わり。     IMGP2281   明日は仕上げの床を張ります。 ではまた明日!!           2016年8月24日(水) 床の改修工事は進んでおります。 お施主様は炭屋さん。 床下には湿気をとる為、墨を敷きます。 IMGP2271   お部屋全体に敷き詰めました。 IMGP2273   床下が湿気ずに、良い空気になればいいですね。 ではまた明日!!                     2016年8月23日(火) 改造の現場。 床の解体も終え、 床上げの準備。 IMGP2266   15mmのフローリング+30mmの捨て張り。 今回の現場から、床下断熱材の使用廃止。 30mmの杉板を捨て張りの上に15mmの杉の仕上げ材を張る仕様に変更しました。 なので床自体の厚みは45mm。 木は熱伝導率が低いので、床の厚みを厚くすれば、断熱材がいらない。 また一歩、完全自然住宅に近づくように、変化を重ねます。 目指すは、正真正銘の健康住宅。 頑張ります。 ではまた明日!!         2016年8月22日(月) 床の解体スタート。 IMGP2256 合板のフローリング。 30年以上前に流行ったものですが、 やはり合板フローリング。 当時のスピーディーな工法に踊らされたもの。   冷たく、ベタベタ。 体に悪く。 長持ちしない。 悪いの3拍子が揃っています。   合板の良いところは、安価で、作業性が良い。だけです。 僕の思う家づくりの真逆をいってる、合板。嫌いです。   お施主さんは、これがいいのか悪いのかわからないので、 材をチョイスする大工が正しい知識を持って、扱わないといけないと思う。     ではまた明日!!               2016年8月21日(日) 日曜日。 作業はお休みです。 僕は事務仕事と現場打ち合わせ。 和室の6畳間の畳からフローリングに変えたいとのお問合せ。 朝に電話があり、昼前に現場へ。 僕のひとつの売りは、フットワークの軽さ(^_^) お声かけして下さる事のありがたさを実感します。   さて、今日、目に留まったFacebookの記事です。 今後の日本はどう進んでゆくのか? それぞれ個々の価値観を変えないと、何も変わらないでしょうね。 時間があればお読みください。   http://toyokeizai.net/articles/-/125090   明日からは、新たな現場の始まり。 床の解体の始まりです。 ではまた明日!!         2016年8月20日(土) 今日はハツリの日。 昨日、わけて頂いた丸太をハツリます。 IMGP2239   墨をうち、杣角にしていきます。 IMGP2241   マサカリでハツリ、チョウナで仕上げ。 IMGP2246   最初にしては、上出来かなと思います。 IMGP2247   さて、おそらく皆さんは、なぜこんな面倒くさい事をしてるんやろ?って 思われている事だろうと思います。   それには、想いがありまして、 僕が思うに、現在、資本主義は、頭打ちの状態になっていて、 今後は経済成長はないものと思われ、家をどんどん建てて売る時代は終わったと思います。 今後は、いい家を永く持たせる家づくりにしていかないとダメだと思います。 そして、無駄をそぎ落とした建築をしなければいけないと思っています。 結局、昔に立ち返る事かな。 例えば、材木にしても、お施主さんの元に届くまで、いろんな人の手をくぐります。 いろんな人の手をくぐると言う事は、業者の手がかかった分だけ、値段が高くなります。 僕としては、何も苦労をしない中間でマージンだけを取る人に、義理は無いので極力省きたいと考えています。 ハツリを覚えれば、 山から木を切る人と、大工とで完結し、お施主さんの元へお安く提供できます。   後は、今、電気をどんどん使い放題、足らなかったら作ればいいという考え方が普通だと思いますが、 極力エネルギーを使わずに生活することを、みんなが実践すれば、原発も減らせるのかなって思います。   今後は、定常の方向に舵を切らなければいけないと、常に思っています。 その実践のひとつとしてのハツリです。 ハツリはすぐに、身につく技術ではなく、 日々、少しの時間でも練習し、身につけなければと思います。 頑張ります。 ではまた明日!!                 2016年8月19日(金) 来週から、築80年の石場建ての家の大規模改修工事が始まります。 ボチボチ、準備を進めていますが、 前からしたかったことがあり、 朝から、山へ。 山師さんに、末口400mm。50年生の杉の丸太を分けて頂きました。 作業場に帰り、土の付いたところの皮をむき、 IMGP2237   明日は練習ハツリをしようと思います。 IMGP2238   さて、初体験なのでどうなるでしょうか・・・ ではまた明日!!         2016年8月18日(木) お盆休み明け。 皆さん、どのように過ごされましたか? 僕の方は、昨日から後半戦のお仕事がはじまっております。 お盆休みは、結局、半分以上は事務仕事に追われました。 休みの間に、小川建築のリーフレットを自分で作りました。   先ずは表紙。 IMGP2234 IMGP2236   想いがありすぎて、A4用紙では、書ききれない部分がありますが、 最初にしては、まずまずの出来になったと思います。 IMGP2235   これから、新たに出会う方に名刺代わりにお渡しできればと思います。 さて、小川建築。後半戦も頑張っていきますのでよろしくお願い致します。 ではまた明日!!         2016年8月12日(金) お盆前の仕事。今日の予定は昨日済んだ為、 今日は道具の手入れの日。 与板で買ってきたマサカリ。 ようやく柄入れ完了。 IMGP2225   しかし重い。 IMGP2226   チョウナも仕込み完了。   IMGP2227   刃沓(はぐつ)という、刃をカバーするものを、 麻ひもで作りました。 IMGP2228   今後はこのマサカリとチョウナを使い、 ハツリを取り入れた、構造=意匠の家を造りたい。 小川建築。今までの経験を生かして、 今後の目標や進むべき方向は見えています。 今思う事は着実に実行に移したいと思っております。 おそらく、この先、僕の進む方向には安定は無いと思われ、 この山を登れば、また違う山が見え、それを登れば、また違う山が見える・・・ の繰り返しなんだろうな。 今後も身を粉にしてやるだけです。 皆様。今後ともよろしくお願い致します。 さて、日記帳は、少しお盆休みに入ります。 次は、18日から再開させて頂きます。 ではよい休日を!!         2016年8月11日(木) 編み椅子も終了し、 次は、洗面所の椅子作り。 IMGP2216   やはり、蟻桟を入れます。 IMGP2217 ペーパーコード同様の脚に天板をのせました。 天板を外せば、ペーパーコードで編める仕様です。 IMGP2219   5脚作りました。 そして、納品。 IMGP2222   洗濯物干し取付。 IMGP2223   越屋根のある石場建ての家。 これにて、お聞きしていた、作り物。 すべて終了です。 IMGP2224     ではまた明日!!         2016年8月10日(水) 編み椅子。 進んでおります。 ナチュラルカラーと黒で座面を仕上げています。 IMGP2191     途中。 借りていた椅子を返しに野々工房さんへ。 写真は塩クッキー。 IMGP2193 表面にザラメ状の塩。生地の中にも山口県産の天日塩が練り込まれていて、 とても美味です。 スーパーで売っているNACL99%のニセモノの塩ではなく、 正真正銘の塩で作るクッキー。 健康な生活を送る為、安心安全なおいしいものを食べたいですね(^_^) 本物思考の方は是非買ってください。 そこらのクッキーとは一味も二味も違います。   さてさて、作業場に戻り、 椅子の仕上げ。 編み上がり。 IMGP2194   足元には傷防止のフェルト。   IMGP2214   焼き印を押して完成です。 IMGP2215   明日は、洗面のベンチとその他の小物を作り、 お盆までの作業は済ませようと思います。 明後日12日は作業場の片づけ。 13日から16日まで盆休みにします。 休みといいつつ、僕はたまりにたまった事務仕事に追われます。 結局仕事なんだな~。 ではまた明日!!         2016年8月9日(火) 編み椅子。 暑い中、地味に作業は続きます。 IMGP2186   常にヒモを引っ張りますので、 手が腫れてパンパン。 IMGP2189   今日は2セット出来たので、 残るは2つ。 IMGP2188 明日も一日編み続けます。 ではまた明日!!         2016年8月8日(月) 桧の椅子。組み立て中。 IMGP2177   しっかりと組みあがりました。 IMGP2180     さて、ペーパーコード編み始まりました。 IMGP2183   編み方は忘れてましたが、 徐々に思い出します。 今日はここまで。 IMGP2184   明日はもっと頑張ります~ ではまた明日!!       2016年8月7日(日) 日曜日返上。 椅子を刻んでおります。 柱のホゾ穴をあけ。 IMGP2168   ホゾをとり。 IMGP2169   材料の刻み完了~ IMGP2171 ヒロ君組み立てます。 IMGP2172   ホゾ穴のサイズもちょうどよし。 IMGP2176   精度よく刻めたので、組立は楽です。 IMGP2175   1セット目組立完了~ IMGP2174 明日はどんどん組み立てます。 ではまた明日!!               2016年8月6日(土) 椅子つくり。 ホゾを取ります。 IMGP2161   今日の作業場は、40度超え。 IMGP2164   暑い中、ルーターで精密なホゾを取ります。 IMGP2162 午後からはお客さんがあったので、 約半日の作業。   今週は用事が沢山あって、仕事が進んでおりません。 あすは日曜ですが、椅子つくりに励みます。 ではまた明日!!         2016年8月5日(金) 今日は、すごい一日になりました。 新潟のスーパー大工さん。 小川正樹棟梁が、神戸の身内の家に来られたついでに現場に寄って頂きました。 小川棟梁といえば、この建物。 IMGP1649     小川棟梁といえば、僕からすれば、雲の上の方で、神様のような方です。   一時間以上見学とお話をして帰られました。 最後には、お褒めの言葉を頂き、まさに夢のような時間でした。 最後に記念撮影。 一生の思い出になります(^_^) IMGP2159   作業場に帰り、椅子つくり。 IMGP2160 まだまだかかりそうですね。 頑張ります~。 ではまた明日!!       2016年8月4日(木) 柿の木の伐採当日。 朝からご先祖さんに、伐られて頂くと報告。 柿の木を酒と塩でお清め。 IMGP2090 山師さんに伐って頂きました。 みるみる伐られ。 IMGP2148 最後の仕上げは電気カンナで水平に削り、 花を置く台におなりましたとさ。 IMGP2152   さて、最近の本題の椅子作りがなかなか進みませんが、 じわじわと進みます。 IMGP2156   家の柱と同じように、墨を付けます。 IMGP2157 なかなか所用が重なって思うように進みませんが、 辛抱強く頑張ります~。 ではまた明日!!       2016年8月3日(水) バタバタの一日。 朝から椅子の加工。 家を建てるのと同じく、 縦の材と横の材の間竿を作ります。 切り込みを入れているのは、墨を付けやすくする為。 IMGP2088   椅子の途中で現場だった越屋根のある石場建ての家へ。 荷物も入り、 もう現場ではなく、お家になっています。 写真は無いですが、ご主人の好きなオーディオからも音楽が流れます。 木と土の家。音の響きもいいのでしょうか。うらやましい(^_^)   さて明日は、山師さんによる柿の木の伐採。 IMGP2089 次にお仕事をさせて頂く現場の柿の木。 根がはりすぎて、コンクリを傷めています。 今日は新月。 新月伐採。伐り旬は悪いですが、 新月に伐ると木が長持ちします。 月と木の関係。興味深いです。   さて準備は万端。 リフトに乗って伐って頂きます。 IMGP2086   安全第一で進めます。   ではまた明日!!         2016年8月2日(火) 椅子作り。 お披露目会で野々工房さんに借りていた椅子。 座面はペーパーコードです。 IMGP2051 お施主様が気に入られたので、 桧で4脚作ります。 修正点はほとんどないので、ほぼ同型にて作ります。   先ずは、木取り終了。 IMGP2049 加工前に道具のメンテナンスも終え、 明日から加工に入ります。     さて、今日は姫路まで講演会に行ってきます。 誰のでしょうか?             この方です。 https://www.youtube.com/watch?v=gBumdOWWMhY ある方にチケットを二枚頂きました。 ヒロ君と行ってきます。 19:30から始まります。しっかりと聞いてきますね。 ではまた明日!!             2016年8月1日(月) 朝から、靴の棚作り。 納戸の片隅に置くので、 出来るだけ、手間ひまのかからないように、低コストで仕上げる。 と言う、コンセプトでの作り方。 作業時間+納品時間で5時間くらい。 シンプルですが、 大人が数人乗っても壊れないと思います。 しっかりしています(^_^) 早速納品~ IMGP2039   明日からは、椅子を作ります。 ではまた明日!!                 2016年7月31日(日) 7月も最終日。 今日は朝から晩まで新築工事のプラン作り。 CAD操作だいぶ慣れてきて、前よりもスピードアップ。 夕方には、ひとプラン作成。 これを繰り返して、理想のプランに近づけていきます。   今回からは以前までのやり方。 大工がプランをして、大工が家を刻む。 やはりこれがしっくりきます。     さて先日は、近所の方から、屋根瓦の相談。 現場に行くと、隅木の鬼瓦が落ちそうになっています。 そのお家は、入母屋造りで、 高く積まれた、棟・尾が豪華な家です。 築40年。棟や尾の瓦はもう締まりがなくなり、バラバラになっています。 これを直すのには高額になりそう。 しかしお施主様は、あまりお金をかけたくないようです。 でも直さないと雨漏りがして、木が腐ります。   入母屋造り。この地域のお金のあるお家は入母屋造りと決まったように、 この手の屋根の家が多く建てられました。 しかし、豪華ですが欠点があります。それは雨が漏りやすい。 大きな家で、老夫婦が生活し、無駄に家が大きいので、 メンテナンス箇所が多くなる。   やはり、設計段階から、数十年後のメンテナンスの事を頭に入れて、 家づくりをしないといけないなと、つくづく思う小川大でした~   ではまた明日!!               2016年7月30日(土) 追加工事。 洗面所の棚進んでおります。 側のフレームを作り、 棚板を作り。 IMGP2031   棚は可動式です。 夕方には現場に納めてきました。 IMGP2034   気に入ってもらえるかな~。   さて明日は久々に作業はお休み。 たまってる事務仕事の日になりそうです。 ではまた明日!!               2016年7月29日(金) 追加工事。 洗面所の棚。加工を済ませ、ハギ合わせ。 もちろんボンドは、にかわです。 そして、柱材の刻みも進んでおります。 IMGP2028   またまた、ホゾで組んでいきます。 IMGP2030   さて、今日は、先日お披露目会に来られた方からのハガキが届きました。 どうやら、お披露目会に来られたことで、影響を受け、 これからの在り方に変化が起こりそうだという事です。   僕からすれば、とてもうれしく、同じ想いの方が増えれば、 いい家が増え、幸せな住まい手も増える。 僕がしたことで、次へまた次へと、伝わっていく。 どんどん広まればいいなぁ~!石場建て。 ではまた明日!!       2016年7月28日(木) 昨日の引き渡し後の写真から。 お施主様に頂きました。 62892   昼間もいいけど夜も美しいです。 62896   今日も、いろいろな段取りをしております。 追加工事の事、次にかかる工事の事。 進んでおります。   さて今日は、信頼関係の話。 信頼関係って何なんだろ? 僕の場合、相手に対して、腹の中の中まで見せるようにしてる。 だから、相手にも腹の中を見せてほしいと思ってる。 なので、腹の中が見えない方とは信頼関係なんて築けないと思ってる。 なので、付き合いが、長い短いはほとんど関係なく、その密度だと思う。 ある意味、何が難しいって、人間関係を築くのが一番難しいと思う今日この頃の小川大工でした。 ではまた明日!!           2016年7月27日(水) 大安吉日。 足掛け4年。 大きなトラブルは無く、笑顔でお引き渡しが完了しました。 追加の工事はあるものの、工事はひとまず終了。 僕の工事は終わりましたが、 お施主様の生活は、ここからが始まりです。 これから、辛いことも楽しい事もあります。 家はこれからの住まい手を100年以上見守っていくでしょう。 ご家族の方が、疲れた体と心をを癒せる家になればいいなと思います。 とにかくいい一日でした~(^_^) ではまた明日!!                     2016年7月26日(火) 今日は事務仕事の日。   さて、先日のお披露目会、 来られた方はご存知でしょうが、 ヒロ君の作っていたものは、 3本組み木。 先日沢山作りましたが、 追加でまたまた作っております。 IMGP2014 今度は、姫路でのイベントで出品する3本組み木。 9月3日(土) 9月4日(日) 行われる、姫路ドリームフェスタで販売いたします。 組み木作りは明日も続く・・・ ではまた明日!!             2016年7月25日(月) 今日は片づけの日。 現場のものを片付けてると、思った事。 後の掃除を沢山しなくてもいいくらい、皆さんきれいに見学して頂いた事。 傷などが、少しはあるかな~って思ったけど、 ほとんどなく、嬉しい出来事でした~(^_^)   片づけの後は、カーテンの取り付け。 お手製藍染カーテンです。 IMGP2009 また、お施主様の判断をお願い致します。 IMGP2010 ではまた明日!!             2016年7月24日(日) お披露目会、全くトラブルもなく大盛況の内に終了しました。 朝の写真です。 野々工房さんのお菓子が並びます。 IMGP2001   ここからスタートした訳ですが、 IMGP2003   始まりと同時に、人が増え続け、 10時から正午までがお客さんのピークでした。 Facebookの影響か、遠くは、僕が脱帽した変態大工さんの長谷川建築さんは新潟から駆けつけてくれ、 後は滋賀県・奈良県・京都府・大阪府・高知県・徳島県・香川県・岡山県・鳥取県・広島県・山口県など、 遠くから来られた方は、大工さんがほとんどでしたが、 石場建ての関心の高さが伺えました。 僕としましては、今後の仕事に繋がる繋がらないは別にして、 伝統構法・石場建てをアピールする絶好の機会になりました。 準備等は大変でしたが、いいお披露目になったと思います。   そして、ムクの木会の川田さんの本。 沢山売れました。 この本を読んで、意識が変わる方がもっと増える事を期待します! IMGP2005 結局、ふたを開けてみれば、参加人数は150人くらいの参加でした。 多くの方に見て頂き、ホントに幸せなお披露目になりました。 ありがとうございました。 ではまた明日!!               2016年7月23日(土) 会場設営中~ 照明間に合いました。 電気もLED100W取り付け完了。 IMGP1996   野々工房さんから借りてきた椅子。 いい感じになっています。 IMGP1997   説明書きも置かせて頂いています。 IMGP1998   さてヒロ君はというと、 作ったものを、ほうのきの鉋くずでラッピング中。 中身は明日のお楽しみという事で・・・ IMGP1999   準備の方はどうにかこうにか、ギリギリ間に合いそうです。 明日は、いろんな方に出会える日。どんな日になるかな? 楽しみです! ではまた明日!!         2016年7月22日(金) 今日は、お披露目会の準備。 バタバタとしてたためあまり写真はありません。 ガラガラ抽選の景品のほうのきのまな板作成。 IMGP1992   夜は夜で作り物が沢山あります。 今日はこの辺で。 ではまた明日!!         2016年7月21日(木) 大安吉日。 棟上げへ。   僕が今後ず~っと携わりたい家は、 伝統軸組構法・石場建ての家。   今日、棟上げにお邪魔した家は、 在来軸組工法の家。   同じ木造の家。 内容は全く違い、雲泥の差。 すべてが違う。 値段の差はもちろんありますが、 同じ土俵にはのせて頂きたくはない。   地に足のついた、 ホンモノがわかる人がもっともっと増えれば、 明るい未来につながります。 ではまた明日!!               2016年7月20日(水) 今日は盛り沢山な一日。 朝から作り物。 前々からの宿題。 玄関下駄箱の木のつまみ。 トリマーで形を整え、 ようやく作り、取り付け。 IMGP1979   材は桜。 いいバランスになったと思います。 IMGP1981   現場の外部は最終の仕上げの整地。 IMGP1973   作業場ではヒロ君お披露目会の作り物。 IMGP1977   墨を付けノコを挽く。 スキルアップの為、すべて手作業。 いろいろと、口を出したいところですが、ここは我慢我慢。 IMGP1984   またまた現場へ。 整地完了~ スッキリ。   IMGP1986   電気の引込が完了したので、 夕方に電気の確認。 IMGP1987 いい感じですが、ここが悩むな~ 雰囲気を取ればレトロ球。 明るさを取れば普通のLED電球色。 シーリングファンライトは結構明るい。 IMGP1989 明日は、お友達の建前の応援で作業はお休みです。 ではまた明日!!       2016年7月19日(火) 今日もリビングテーブル作り。 天板・脚・柱・蟻桟をカンナで仕上げ、 蟻桟を仕込みます。 板の狂いを封じ込める為の蟻桟。 固さ加減が難しく、 固くては割れ、 柔らかければ、蟻桟として機能しない。 今回も、いい加減の固さ加減で入りました。 IMGP1962   脚を組み立て。 IMGP1964   クッション材を貼り付け。 IMGP1965   その勢いで、現場に搬入~ IMGP1970   ダイニングテーブルも搬入。 IMGP1968   天板に蜜蝋ワックスを塗り完了です。   ウッドデッキからの眺め。 400年桧お揃いの リビングテーブル ダイニングテーブル TVボード キッチンカウンターが並んでおります。 IMGP1971   ご注文の作り物を残して、 さて明日からは、そろそろお披露目会の作り物。 ではまた明日!!           2016年7月18日(月) 連休、海の日。梅雨明け。 急に夏がやってきました。 僕には連休は全くカンケーなく、 ダイニングテーブル作りは続きます。 IMGP1954 今回のハギ合わせは、ニカワボンドにて。 IMGP1955   脚材の墨をつけ、 少し残業。 IMGP1959   穴掘り終了です。 IMGP1960   リビングテーブル明日で組めそうです。   さて、お披露目会まで、1週間を切りました。 まだまだ、準備するものが山積みです。 残業の残業で今日も頑張ろう~ ではまた明日!!             2016年7月17日(日) 今日もお仕事。 作り物はお休みして、 お披露目会の準備です。   昨日の深夜まで作った用紙の貼り付け。 IMGP1949   道路から一番見えるところに取り付けさせて頂きました。 家と家の間から一瞬見えますが、皆さん気がついてくれるかな? IMGP1950   手作りカーテンのためし吊り。 下はこれから。   IMGP1951   タグの焼き印~ IMGP1953   まだまだ準備は続きます。 ではまた明日!!             2016年7月16日(土) 今日で、木工事の本体工事は、ようやく終了しました。 終了とはいえ、まだもう少し、テーブル・本棚などの作り物があるので、気は抜けません。   本体工事最後のお仕事は、窓の格子。 IMGP1925   腰窓すべてに格子がつきます。 IMGP1934   8か所の窓に格子をつけ終えました。 IMGP1944   現場を後にし、作業場でテーブル材の加工。 IMGP1947   ダイイングテーブルと対になります。 IMGP1948 明日は、早くも日曜日。 お披露目会まで1週間。 休んでられないので、明日もお仕事~ ではまた明日!!         2106年7月15日(金) 今日は、勝手口の階段の組立。 ダボを使って組み立てます。 先ずは下段から。 IMGP1912 下段に上段のダボを入れます。 IMGP1913   上段の組立。 IMGP1914   出来上がり。 梁の切れ端の有効利用。 IMGP1917   次は格子の取り付け~ 格子は、目線を遮る。 防犯を兼ね揃えています。 IMGP1919 アルミサッシ感が消えたのでいい感じになりました。 IMGP1922   そして、美装工事終了~ 自家製蜜蝋ワックスがかかりピカピカです。 IMGP1921   さて明日で、木工事の本体工事はすべて完了。 残すはテーブルや棚などの作り物。 ようやく先が見え始めました。     越屋根のある石場建ての家。 地震に強く 健康的で 風が抜ける 住み心地のいい家。 造っている本人が自信を持ってお引き渡しが出来るお家になりました。 これも、住まい手と、造り手の想いが合致したのと、 お施主様がじっくりと待って頂いた事で、 しっかりと腰を据えてお仕事に集中出来ました。 後は、住んで頂いて、木と土の家 の良さを改めて実感して頂ければと思います。   ではまた明日!!         2016年7月14日(木) 今日から現場は美装工事の始まり。 写真は無いですが、窓の清掃が終わりました。   さて、作業場では、勝手口の階段の加工が始まりました。 梁丸太の切れ端を残していたので、有効利用。 先ずは墨付け。 IMGP1905 そして、刻み。 梁と梁をダボで固定します。 ヒロ君は杉材の初削り。 杉材は難しいですが、 上手く削れています。腕を上げました。 IMGP1910   面を取り、刻み終了。 IMGP1911   明日は組み立てます。 そして、格子の組立に移ります。 ではまた明日!!           2016年7月13(水) 最近はお披露目会の準備をボチボチと進めております。 朝からチラシをいろいろな方とお店などに配達~。 沢山の方が来てくれるかな?   作業場に帰り、 次は洗面所の鏡の枠の作成。 IMGP1889 ヒロ君は鏡の溝をほりほり。 IMGP1888   当然のようにホゾを入れます。 IMGP1892   ただの鏡も縁を回れば高級になります。   IMGP1894   仕舞いは、ケヤキの割り楔締め。 IMGP1896   作業場で出来上がったのが、午後5時。 強行でで現場へ。早速取り付け。   ビスかくしもケヤキの栓です。 IMGP1898   洗面の出来上がりです。 IMGP1897   少し残業。 かなり集中したので、いや~疲れた~。 明日の現場は美装工事です。 ではまた明日!!         2016年7月12日(火) 先日から施工しているウッドデッキ。 雨の降る中終了です。 IMGP1820 IMGP1821   IMGP1824 IMGP1827 ウッドデッキが終了しましたので、 次は、床の養生めくり。 掃除も終了したので、 沢山写真を撮りました。 IMGP1836 IMGP1829 IMGP1837 IMGP1841 IMGP1843 IMGP1844 IMGP1859 IMGP1870 IMGP1885 いいお家になりました。 竣工写真も撮れたので、お披露目会のチラシを作ろう。 ではまた明日!!           2016年7月11日(月) だんだんと暑くなってきましたね。 暑い中、ウッドデッキの工事進んでおります。 デッキの下地になる、大引きの据え付け。 IMGP1771   桧のデッキ材の張りはじめ。 IMGP1772   だんだんと完成に近づきます。 IMGP1773   明日、晴れればウッドデッキは終了です。 頑張ります。 ではまた明日!!       2016年7月10日(日) 今日は現場へ。 玄関の柱の養生も外し、スッキリ。 IMGP1761   ウッドデッキの束の石のパッキンを取りつけております。 IMGP1763   位置決めをし、水平に据え付けました。 IMGP1764 明日は大引きの取り付け。 IMGP1769   もうひと踏ん張りです。 IMGP1766   現場の後は選挙へ。 しっかりと投票してきました。 現在の完成されたシステムに打ち勝つのは難しいですが、 日本が大きく変わるきっかけになる選挙になればいいな。     ではまた明日!!               2016年7月9日(土) 現場では、仕上げの工事が進みます。 洗い出しの工事終了です。   IMGP1754   洗面も取り付け完了。 IMGP1756   作業場では、 IMGP1759   ウッドデッキの弁柄・ミツロウワックス塗り完了です。 IMGP1760   大工さんは明日から、現場でウッドデッキの段取りです。 休日返上で頑張ります。 ではまた明日!!             2016年7月8日(金) ウッドデッキ材の加工終了。 少し分厚めのデッキ材。 IMGP1753   そして、弁柄塗りスタート。 IMGP1751   塗ればふき取り。 IMGP1752     さて、今日は兵庫の築の会の話し合い。 9月3日・4日に大手前公園で、昨年同様、ドリームフェスタが行われます。 僕たちは、伝統構法を一般の方に広げようと活動します。 どうやったら、一般の方にわかって頂けるか、 どのような出し物をするか。 話し合ってきます。   ではまた明日!!           2016年7月7日(木) 今日は七夕。 七夕なんて、ロマンテックな事は全くカンケーなく、 忙しくお仕事は、続きます。   ウッドデッキの墨付け刻みが始まりました。 ヒロ君も少しだけですが、初の墨付け。そして刻み。 IMGP1742   並行して、現場では洗い出し。 水がたまらないように、太鼓状にしてます。 IMGP1743   玄関内も終了。 いい感じです(^_^)   IMGP1745   明日は1段目と3段目。 IMGP1747   さて、披露目会の準備は進みます。 ガラガラ抽選の景品。 またまた、組子のコースターと鍋敷きを建具屋さんに作ってもらいました。 IMGP1748 さて、もうすぐ選挙です。 政治的な発言は怒られてしまうのですが、 嫌われるなら仕方ないです。 くそったれの政治家しかいない中、 3S政策にドブ付けにされ、ボケまくっている方々。 政治にもっと目を向けましょう!! 選挙に行きましょう!   建築ひとつとっても、経済優先。30年住宅が促進され、 食品は嘘ばかり、添加物にまみれた毒を食べまくり、 気がつけば病気になり、癌になりそして高い医療費を払う。 世の中お金お金の経済優先。 ダメなところは言い出せばきりがない。 なので、僕は、伝統構法にしても、食にしても飲み物にしても、 いろいろと気を使ってる。 このまま行けばどうなるでしょう?? 日本は地に落ちてしまうのか?   そんな中、いよいよ面白い人が出てきましたね。 https://www.youtube.com/watch?v=oSMMEeVi6yY 気が向けば見てください。 熱い想いがよみがえるかもですよ。   この方核心をついてる。 僕は好きです。 何かにやられないように頑張ってほしいです。 あとは建築の事を教えたい!   ではまた明日!!           2016年7月6日(水) 玄関の延石の据え付け終了。 玄関が引き締まりました。 IMGP1734 外装は土間の洗い出しの工事を残すのみ。 もう少しです。 IMGP1735   作業場では、格子の弁柄塗装は終了し、 組み立ては後ほど。 IMGP1739   次はウッドデッキの加工に入りました。 IMGP1740   暑いですが、皆様お体にお気を付け下さい。 ではまた明日!!               2016年7月5日(火) 日が進むにつれ、どんどんと暑くなって参りました。 現場では、毎日業種の違う業者さんが入り、各自の仕事を進めていきます。 そして、今日も朝から、現場へ。 延石の据え付けが進みます。 延石が入ると引き締まります。 IMGP1731   作業場に帰り、格子材の弁柄塗装。 IMGP1732   今日はワックス塗りまで終了。   IMGP1733   明日は、ふき取りと組立。   さて、最近は何かと忙しく、昼間は現場、夜は事務仕事を進めております。 暑い最中、睡眠不足は辛いですが、忙しいのはありがたい事で、 もうひと踏ん張りします。 ではまた明日!!               2016年7月4日(月) 今日は現場と作業場の往復でバタバタ。 玄関ポーチの工事と設備機器の取り付けが、 並行して進んでおります。 IMGP1728   作業場に帰り、 今度は、格子材の加工。 IMGP1729 腰窓にはすべて、木の格子がつきます。 格子は、防犯と目線を遮る役目をします。 IMGP1730 明日も格子材の加工と弁柄塗装です。 ではまた明日!!             2016年7月3日(日) さて、今日もお仕事。 お仕事と言っても、家づくりの作業はお休み。 現場で打ち合わせや、 自治会の注文の品を作成。 IMGP1724   ろうそくを入れ、灯篭になるようです。 あと30個ほど作ります。   さてさて、現場の工事も終盤を迎え、 おおかたの予定が立ってきました。   そこで、またまたやります。 一日だけの、 「越屋根のある石場建ての家  完成 お披露目会」 お施主様のご厚意で開催できる運びになりました。 まだまだ詳細は調整中ですが、 大まかに決まっていることをお伝えします。 日時 7月24日(日) 9:00~19:00 喫茶コーナーの協力として、野々工房さん 野々工房さんは、わざわざお店をお休みをして来て頂きます。 本当にありがたいです。   後の詳細は日を改めてお伝えします。   とりあえずは、仮のチラシをどうぞ。 越屋根のある石場建ての家 完成 お披露目会 どうせなら、出来るだけ沢山の方に、 住まい手・造り手の想いが詰まった、 伝統構法・石場建ての家を見て頂ければと思うので、どんどん宣伝をしたいと思います。 ホームページを見て頂いている皆様。 24日の他の予定はあけていただき、お披露目会に足を運んで頂ければ幸いです。 ではよろしくお願い致します。   ではまた明日!!                   2016年7月2日(土) 夏本番。 ではないですが、今日は暑かったですね。 暑い中、ダイニングテーブルの加工は続きます。   先ずは、蟻桟の切り込み。 IMGP1708   天板の下端は4本の蟻桟が絶妙な木の摩擦で入りました。 木の反りはかなり抑えられます。 IMGP1710   もう一度仕上げなおし。 IMGP1713   組み立ての下準備。 ヒロ君は、柱の胴付き部分を木殺し。 IMGP1715   柱を納め。 IMGP1717   脚を納めます。 IMGP1718   振れ止めは貫で固定しました。 IMGP1719   完成です。 IMGP1721   天板、込栓化粧仕上げ。 これにて、搬入まで出番を待ちます。 IMGP1723   現場では、設備屋さんによる、設備機器の取り付けが始まりました。 今日はトイレの取り付け。 IMGP1712   さて、最近はいろいろな問い合わせを頂いております。 お声がかかるだけでもありがたいので、 期待にお答えできるように、精一杯頑張ります。 明日も休むことなくお仕事します。 ではまた明日!!           2016年7月1日(金) ダイニングテーブルの加工進行中! 朝から、脚材・蟻桟・柱の加工。 手前の桧は脚材。 長ホゾ込栓打ちの仕舞いになります。 カッコよく形を整え~ IMGP1692   お次は天板の加工。 400mm+400mmのハギ合わせ。 普通ならボンドのハギ合わせのところ。 今回は木組みのハギ合わせ。 小川建築。初の試みで、先日新潟に行った際に見たものを参考にアレンジしました。 名付けて、木組みダイニングテーブル・・・・・         すみませんそのままで・・・   ホゾ穴を掘り、朱墨塗りの定規を使って、 当たる部分を削りおとし、ピタッと入るように準備します。 IMGP1693   中仕上げ。 ですが、 でっかい節があるので往生します。 IMGP1695   400mmと400mmの天板。 IMGP1696   先ずは雇いホゾを仕込み、 IMGP1697 込栓で仮固定。 IMGP1698   そして上下の狂い止めの目地棒を仕込みます。 IMGP1700   上下2本。目地棒。 IMGP1701   クランプで引き寄せ、 IMGP1702 5枚ホゾなかなか寄らない。 IMGP1703   引き寄せ、 上下の狂いは止まってるので、 今度は板と板の引き寄せ。 ピッチピチに引き寄せました。 流石込栓。 IMGP1704   明日は蟻桟を仕込み組み立てです。 お楽しみに~。         IMGP1706     さて、大工さんのお仕事で、 仕事を覚えるのは、やはり弟子入り。 おそらく徒弟制でないと覚えられません。 やはり、弟子と言えば大変さは極まりなく、 一に辛抱。二に辛抱。 親方に刃向かいも出来ず、 とにかく辛抱です。 弟子の間に辛抱が出来ないようなら、一人前になっても勤まるわけがありません。 なので、一人前になって、その時に困らない為に忍耐力を養う、弟子時代の辛抱だと、僕は思います。 辛抱して辛抱して、人の傷みがわかる人間になって行くんだな。   若者よ。 大変なのは、始まったばかり! 必死のパッチでやってみな! そしたら次の景色が見えるはず。   ではまた明日!!                         2016年6月30日(木) 早いもので6月も最終日。 上半期も終了です。 さて、作業場ではダイニングテーブルの墨付け。 先ずは、家と同じく間竿を作り。 脚・柱・蟻桟・天板に墨を付けていきます。 精密な仕事なので、よくとがらせた鉛筆で細い墨をつけていきます。 IMGP1681 墨がついたので、刻みが始まりました。 脚に柱が差さりますがやはりここでも込栓で固めます。 IMGP1682   こちらは柱。 IMGP1684   明日は、ハギ合わせをし、蟻を切ります。   さて、人生において、人間関係というものは大事なもので、 人とお付き合いするのはなかなか難しく、 自己主張をしすぎても、全然しなくてもうまくいかない。 やはり、僕が思うに、相手の事を考えて行動することだと思う。 相手の事を思って行動してもそれを認められるかはわからないが、 相手の事を思って愛情を持って、全力で行動すれば道は開けてくるように思う。 そもそも、自分勝手で自分の事しか考えてない方は、話にならない。 何だか、梅雨と同じように僕の心はスッキリしない。   ではまた明日!!             2016年6月29日(水) ダイニングテーブル作り始まりました。 朝から、覚えたてのCADで納まり図面を描き。 IMGP1680   脚の材の分を決め。 天板のねじれをとっていきます。 IMGP1674   テーブルのサイズは800mm 板は400mmなので二枚をハギ合わせします。 板の分を決め、側を削り、ぴたりと合わせます。 IMGP1678   二枚をハギ合わせる訳ですが、 今回の仕様はボンドは一切使わず ホゾや込栓でハギ合わせ、木だけで組み上げようと思います。 IMGP1679   さて明日からはハギ合わせの準備に入ります。 ではまた明日!!       2016年6月28日(火) 朝から現場へ。 足場が外れてスッキリしました。 僕は、水道工事や左官工事の段取りでバタバタ。 IMGP1664   こちらの土壁置き場。 2年ぶりに地面が顔を出しました。 IMGP1665   作業場では、 テーブルの木取り。 IMGP1673   ダイニングテーブル リビングテーブルの木取りが出来ました。 すべて400年生の桧で揃えました。 贅沢なテーブルが出来そうです。   IMGP1671 明日から材の加工に入ります。 ではまた明日!!                 2016年6月27日(月) 久しぶりの日記帳。 勝手をしておりました。 今日は、先日の新潟の事を書きます。   さて、数年前から行こうと計画を練りかけて、頓挫してた新潟。 新潟には、日本最高峰の棟梁、 日本最高峰でも飛び抜けた腕を持つ 斑鳩建築・小川正樹棟梁の手がけられた、建築を見てきました。 24日、先ずはこまくさ保育園。 手ではつられた杉の柱。 IMGP1601   日が降り注ぐ遊戯室。 木組みがすごすぎてため息が出ます。 IMGP1602   保育園のあとは、民家。 ダイナミックな梁組み。 IMGP1610   木組みの囲炉裏。 IMGP1611   柱と一本物のフクロウ。 遊び心満開。 IMGP1617   夜の懇親会。 法隆寺の西岡常一棟梁のただ一人の内弟子小川三夫さんと 兵庫の築メンバーでパチリ。 夜中まで語らいましたよ。 IMGP1626   26日。 写真は無いですが、小川棟梁の作業場にお邪魔してきました。 しかも朝の5時から。 約2時間たっぷりと作業場見学させて頂きながらお話が出来ました。 僕にとっては、雲の上の上の存在の小川棟梁。 お話が出来るだけで幸せ。 夢のような時間でした。   その後、朝から、民家の見学。 民家と言っても桁違いのお家。 IMGP1630   はつられた梁。 IMGP1634   洗い出しには鯉が。 粋ですね IMGP1640   小川正樹棟梁と小川三夫さんバックの民家。 IMGP1645   小川棟梁の最後の見学の地。 越後森林館のホール。 凄すぎて、もはやどうなってるのか大工の僕でも理解できない。 家大工の域を超えてます。 IMGP1649   最後は小川棟梁と築メンバーで写真を撮って頂きました。 小川棟梁。お施主様の事を一番に考え、 安心して住める強い建物と、健康的な住宅を建てられています。   厳しいそうな中に優しさが見えていました。 棟梁はこうあるべきだと感じました。 今回は初めて男に惚れた気がします。 それぐらい素晴らしい方でした。 僕の目標です。 ちなみに、薄緑の作業着の方が小川棟梁。 IMGP1654     森林館を後にし、 新潟最後の見学は、 僕のFacebookのお友達の大工さん。 長谷川建築さん 圧倒される外観。 雪国の為深い軒 IMGP1656   素晴らしい木組み。   IMGP1655   上品な玄関。 IMGP1659   センスがひかっていて、どこを見ても素晴らしいお仕事です。 新潟に二人目の変態の大工さんを見つけました。 IMGP1658   新潟県。行ったところすべてレベルが高く、 僕ももっと頑張らんといかんな~と強く思った帰り道。 ホントに行ってよかった。大満足な旅でした。       さて、今日27日は、余った土壁の搬出作業。 ヒロ君と二人して手に豆が出来るほど、 スコップを振りかざしました。 IMGP1661   これは、鉞とチョウナ。 注文をしてたので新潟の帰り道与板により 預かって帰りました。 これからボチボチとはつりの練習をしようかな。 先ずは柄の仕込みから 先は長いな。 IMGP1663   さて明日からは、ダイニングテーブル作り。 頑張ります。 ではまた明日!!             2016年6月24日(金) 壊れたと思ったPC。 お店に持ち込み、すぐに復活。 Windows10になった為、何かの弊害がでたようです。 無事でよかった。   さて、今日はハシゴの取り付け。 ハシゴと言っても階段と言ってもいいような出来です。 IMGP1592   二枚ホゾに鼻栓。 IMGP1593   越屋根部分。 養生も外したのでスッキリ。 IMGP1594   越屋根部分。 いいお部屋です。 IMGP1591   外では、左官屋さん。 いよいよ大詰め。 IMGP1595   今日は、道の向こうからの写真。 風格があり凛として見えます。 いいバランスに仕上がった外観。   IMGP1598     さて明日から新潟へ行きます。 数年越しに行きたかった場所。 目的は、 e0156341_7291659 などの見学と講演会。 刺激を沢山受けてきます。 明日の朝5時に兵庫をでて、 昼に新潟着の予定。 帰りは日曜の夜中の予定。 なので、25日(土) 26日(日)はHPをお休みさせて頂きます。 では、よい週末を!!                         2016年6月23日 今日は遅い時間のスマホでの投稿。 どうやらPC が、壊れたようです。 なので、治るまでの間、HP はお休みさせて頂きます。 申し訳ありません。           2016年6月22日(水)   ハシゴを刻んでおります。 IMGP1573 いい精度がでるように いろんな道具を駆使して、刻みます。   IMGP1572   段板が刻み終わり。   IMGP1575 側板も刻めました。 IMGP1570 明日は朝から仕上げて、組み立てます。   最近思う事。 伝統構法について。 僕は伝統構法メインでお仕事をしている。 なぜ伝統構法なんだろうか? もともとの入口は、伝統とか釘を使わずとかがカッコよく思えた。 最近はお仕事をやり進めるうち、気持ちに変化が・・・   そもそも伝統構法は手段であって、 ただカッコよくだけなら大工の自己満足でしかない。 最近はそのような考えは毛頭なくなってきました。   地震に強く、長く使えて、環境に優しい。 住まい手が安心して孫末代まで過ごせる家。 やはりそれを考えると、 伝統構法・石場建て・土壁しかない。 それより優れたものがあれば、そちらをしようと思いますが、 他に思い浮かぶものがない。   こんな考えになれたのも、伝統構法と出会えたからこそ。   なのでこれからも、 伝統構法・石場建て・土壁の家を、 もっともっと、快適に過ごせるような工夫をし、 これからのお仕事に励もうと思う。   ではまた明日!!           2016年6月21日(火) 朝から、ハシゴの刻みの予定でしたが、 急遽変更。 現場へ。 木製カーテンレール。 レールの動きが悪かったので少し改良。 IMGP1557   ロフトの照明。   IMGP1556 吹き抜けのシーリングファンライト。 ご確認ください。 IMGP1558   吹き抜けの足場も外したのでスッキリ。 IMGP1559   玄関の照明は大工が取り付け。   IMGP1564 外部の工事も進んでいます。 IMGP1561 北面は終了。 IMGP1562 漆喰を塗ることで、 柱や梁が引き立ち、 見違えるようになりました。 IMGP1563 今日は、ハシゴの刻みができなかったので、 明日は頑張ります。 ではまた明日!!                 2016年6月20日(月) ハシゴの刻みが始まりました。 寝室から越屋根に上がる階段になります。 先ずは側板の刻み。 IMGP1551 ヒロ君。 鑿を良く砥いでせっせと刻んでおります。 IMGP1550   少し幅広なので2枚ホゾで狂いを抑え込みます。   IMGP1552   さて、ジメジメとした日が続きますね。 皆さんの家はどうでしょうか? ジメジメしていませんか? 石場建ての家は、ムクの木・土壁の家。 梅雨の湿気は、柱・梁・床・天井・土壁が吸ってくれるので、 ベタつかず、さらりとしています。 この時期になると、ムクの木・土壁の家の良さを実感します。 住み心地は最高です。   ではまた明日!!                   2016年6月19日(日) 皆さん。良い休日を過ごされましたか? さて、今日はお礼から。 先日は、山口県の、 IMGP1548 お塩を頂きました。 山口県のこだわりのお塩。       そして今日も、別の方からも、 お塩を頂きました。 直接にお礼を言いたいのですが、 すみませんが今日は、日記帳からのお礼ですみません。 塩を頂くこともうれしいですが、 それをあげると想って頂ける気持ちがうれしくて。 本当にありがとうございました。   さて、塩と伝統構法は、似ているところがありまして、 いくつか挙げますと、   歴史の中で、一度途切れている。 本当はすごくいいのに多くの方は理解していない。 作り手が圧倒的に少ない。 経済の道具になっている。など   衣・食・住 僕の場合、住はだいぶ理解が出来てきました。 食を突き止めていきたいところですが、勉強はこれからで、先ずは塩というところです。   さて今日は、新しい出会いが。 最近は、僕の考えと似た方との出会いが続いています。 また今日も。 その方は職人さん。 先週にひき続き、 朝から昼まで話し込みました。 職種は違えど向かう方向は同じ。 またいつかお仕事が出来ればな~って思った日曜の午後。 さてまた明日から製作の日々。 明日からは、ハシゴ作りです。 ではまた明日!!                             2016年6月18日(土) 今日は朝から、少し遠出。 新規のお客様と打ち合わせ。 これからプランを練るわけですが、 誠心誠意、ごまかしのない家づくりが出来たらと思います。 とはいえ、まだプランも出来ていないのでどうなるかはわかりませんが、 今までの経験をすべてぶつけて、ベストを尽くせたらと思います。     さて午後からは、作り物。 お次は、木製カーテンレール。   当初はカーテンレールを作るとは思ってませんでしたが、 ここまでくると、木で作れるものは何でも作れる気になってきました。   カーテン受けの台座。400年生の桧。 IMGP1536   カーテンレール受け。 400年生の桧と樫の木。 IMGP1537   固定すれば、いい感じ(^_^) IMGP1538   カーテンレールクリップなるものを付けました。 IMGP1541   お施主様どうでしょうか? IMGP1540 なかなかいい感じです。 IMGP1543   さて現場の外部では、 漆喰の工事が始まりました。 写真では上手く伝わりませんが、 メッチャ綺麗。 白く塗った壁に、弁柄塗装の柱や桁が、より一層引き立ちます。 出来上がりが楽しみで仕方がないです。 IMGP1546   さてさて明日は、現場はお休み。 朝から新しい出会いが待っています。   今日のお客さんといい、明日の出会う方といい、 とにかく、何かの縁を、生かすも殺すも自分次第。 このありがたい出会いを大事にしたいと思った、 今日この頃の小川大工でした。 ではまた明日!!         2016年6月17日(金) 朝からいろいろな作り物。 夕方作り終え、 現場へ。   先ずは、 手づくり台座のブラケット。 台座はケヤキでビスかくしは樫の木。 なかなか、いい考えが浮かびました。 IMGP1509     サンルームには、   手づくりの洗濯物ほし竿。 IMGP1522   そして、突然ひらめいたハンガー掛け。 いつもは、ステンパイプでしますが、桧で作りました。 IMGP1523   さて、今日は建具の立て込み。 サンルームからダイニングの障子。 IMGP1512   食器棚のミストラルMガラス。 IMGP1515   生き返った富士山のガラス。 IMGP1518   ケヤキのトイレの建具もケヤキ。   IMGP1517 玄関は木製建具。 はぁ~良すぎてため息。 建具が入ると見違えました。 IMGP1521   最後は外観。 IMGP1525   今日も遅くまで、必死のパッチでよく働きました。     さて、最近はいろいろな方から、お問合せを頂いております。 ありがとうございます。 石場建ての家。ホントに素晴らしい構法です。 もっともっと多くの方に認知されれば幸いです。   さてさて、明日は、あるところへ現調へ。 内容は秘密です(^_^)   ではまた明日!!             2016年6月16日(木)   朝から現場へ。 明日からの建具の建込に備えます。 玄関の敷居。 延石に真鍮のレールを仕込みました。 IMGP1495   昨日作ったハシゴ。 もちろん取り外し可。 IMGP1497 上段に打ち物をして、ひっかけています。 IMGP1498   収納時。 IMGP1499   今日はおまけに照明器具の取り付けもしました。 IMGP1500 桁に穴をあけないように、出口は引っ掛けシーリング。 桁に真鍮のフックをねじ込み引っ掛けております。 IMGP1501         今日は1日雨でした。   さて、いい家って何でしょう。 いろいろありますが、 僕が重点を置いてるのが、やはり長持ちする家。 長持ちする家といえば、雨仕舞いのいい家。 雨の流れを止めない屋根。     雨仕舞いの悪い例。 1階に部屋を取り込んだ2階のベランダ。 2軒並びの谷をとった屋根。 入母屋などの谷や尾。 いろいろあります。   雨仕舞いのいい家を造るだけで、 耐用年数は長くなります。 中でも切妻は無駄がそぎ落とされた、屋根の最高傑作。 切妻に、いぶし瓦が最高ですね。   雨仕舞い。プランの段階からしっかりと考えておきたいものです。 耐用年数を長くすることで、無駄な出費を抑えたいい家が出来ます。   さて今日はCAD教室。あと2回の講習です。 頑張ってきます。   ではまた明日!                 2016年6月15日(水) 今日は、ロフトに上がる梯子を作っております。   僕とヒロ君はいつも同じ作業。 僕が穴掘りをすれば、ヒロ君も穴掘り。 同じ作業をすることで、僕の手の内が見え、 覚えるスピードが速くなります。   やる気があればどんどんやらせます。 やる気がなければやらせませんが。 ヒロ君はどんどんスキルアップしております。 IMGP1486   ハシゴの段板。   ほぞの部分を木殺し。 少しこわい言葉ですが、木殺しとは、 ホゾとホゾ穴。同じ寸法だと入りにくいので、 玄能の丸い方で木をたたいて凹ませ、ホゾを少し小さくし、はめ込む技術です。 IMGP1487 段板と側板。 IMGP1488   さて、組立スタート。 絶妙のホゾのかたさ加減で組立。 IMGP1490   上手く組めました。 IMGP1491   ケヤキで作った鼻栓。 IMGP1493   ロフトのハシゴ終了~ 明日は、建具屋さんの段取りで、現場に向かいます。 ではまた明日!!       2016年6月14日(火) ハシゴの加工スタート。 先日CADで書いた施工図をもとに、作業を進めます。 CAD教室で教わった事が実践で使えてうれしい。 IMGP1485   ロフト用ハシゴ 越屋根用ハシゴ 二つのハシゴを桧で作ります。   IMGP1481   先ずは、ロフト用のハシゴから。 墨付けをして、穴掘り。 穴掘りは手堀りです。 ヒロ君とせっせと掘り込みます。   IMGP1484   明日は段板を刻みます。 ではまた明日!!                       2016年6月13日(月) 今日は事務仕事。 他業者さんの段取り。 商品の発注を沢山しました。   さて、ヒロ君は 今日もカンナ削り。 IMGP1477   大量のカンナ屑がヒロ君の頑張りを物語っています。   IMGP1476   そして梅雨の晴れ間。   IMGP1478   昨日付けた壁も、はや乾きかけています。 IMGP1479   いろいろな段取りが出来たので、   さて、明日からは、作り物に励みます。 ではまた明日!!       2016年6月12日(日) さて、日曜日ですが、 左官屋さんは今日もお仕事。 IMGP1474   今日で下塗り完了。 4・5日乾燥させて、今度は漆喰が始まります。 お楽しみに。 IMGP1471   さて、今日もお客さん。 今日は、高知県から大工さんが見えました。 今日も、昨日に引き続き、 家に対する思いの丈をお話を出来たとてもいい一日でした。 ではまた明日!!                       2016年6月11日(土) 現場の工事はひと段落。 僕は事務仕事。   ヒロ君。 窓の格子材をじっくりじっくりカンナ仕上げ。 テカテカの格子が出来ています。 IMGP1470   地道な経験が今後に生きてきます。   さて、今日は午後から、 いつもHPを見て頂いている方と初顔合わせ。 小川建築の事務所・野々工房さん・越屋根のある石場建ての家と 場所を変えながら、 13時から17時まで、お互いの思いの丈をお話が出来たように思います。 とても楽しい時間を頂きました。   やはり、ウソ偽りなく自分の信じた道を進めば、 神様は見てくれてるんだな! より一層、自分の意思を曲げない!という事を強く思いました。   ではまた明日!!               2016年6月10日(金) さて、夏のような暑さになって参りましたが、 皆さん、いかがお過ごしでしょうか? 僕は、夏が大嫌いなのですが、 この時期から、夏の暑さの覚悟を決めていく時期でございます。   今日は現場の片づけを済ませ、 作業場の片づけも少し出来ました。   さて、夏という事で、 小川建築ポロシャツを作ってみました。 背中には築の字を入れました。 IMGP1466   袖口には、小川建築マーク。 プリントでクオリティが低く、少し、ちゃちかったな~っと反省しております。       IMGP1467   さて僕は、明日から数日間、事務仕事の予定。   ヒロ君には、数日間スキルアップの為のお仕事を用意しました。 ど~~ん! IMGP1455       格子材の手鉋仕上げ! 普段なら機械の超仕上げで仕上げますが、 ヒロ君はルーキーなのに、鉋をよく切らせているので、 この仕事を任せてみました。 鉋は実践が一番!   ではまた明日!!             2016年6月9日(木)   朝から雨。 予定変更で格子の加工です。 分決め完了。 IMGP1455   午前中で雨は上がったので、 ガラリの取り付け。 棟換気の吸気口になります。 屋根を二重にし、断熱を入れ、通気層を設けてるので、 夏場の焼け込は全くなくて快適です。 IMGP1460   今日のヒロ君。 今日は北面破風板のワックス塗り。 IMGP1461   鏡のようにピッカピカになりました。 桁や垂木を風雨から守ります。 IMGP1463   破風板。 無い家もありますが、 家にとってはなくてはならない部材だと思います。 IMGP1464   さて今日は、CADの講習に行って参ります。 ではまた明日!!           2016年6月8日(水) 現場の木工事も大詰め。 今日は、サッシ周りの枠。 雨の侵入を防ぐための押え縁です。 IMGP1443   あまり使いたくないですが、 雨のよく当たる箇所には コーキングを併用し施工しています。 IMGP1444   枠を回るだけで、スッキリとしました。 IMGP1445   釘は真鍮釘で施工しています。 最初は光ってますが、年数が経てばくすんで落ち着いてきます。 IMGP1450   窓枠も取りつけたので、 今度は養生です。   IMGP1451   きっちりと養生ができました。 IMGP1453   まだもう少し、各種作り物がありますが、 基本的な工事はひと段落で、 あとは左官屋さんに託すとします。   しかし長かったな~! 昨年の1月から刻みはじめ、1年と5か月が過ぎ去りました。 後で考えると、あっという間でしたが、 楽しい事、嬉しい事、悲しい事、腹の立つ事いろいろあったな~ 僕の、今出来ることはすべて出し切りました。なので後悔はありません。 とてもいい経験になりました。 あと、お施主様には、文句ひとつなく、長い間待って頂いて、感謝の気持ちでいっぱいです。 もう少し、気を抜かず作り物のお仕事をきっちりと納めたいと思います。 ありがとうございます。 ではまた明日!!               2016年6月7日(火) 外部の窓枠の加工も終わり、 弁柄塗装+ワックス塗り。 IMGP1440 弁柄塗装が済んだので、現場に向かおうと思いましたが、雨・・・ 予定変更で、 今度は窓の格子の加工です。 ハキダシ以外の窓にはすべて格子がつきます。 格子は防犯に目隠しに役立ちます。   約140本あります。 IMGP1439   明日の予報では雨が降りそうにないので、現場で窓枠の取り付けです。 ではまた明日!!             2016年6月6日(月) 先週の水曜日からの風邪で、 数年ぶりに寝込みました。 夏風邪はしんどくて長引きます。 さて、病み上がり初日。 何だか頭の回転が悪い中、窓枠の加工。 ヒロ君が手鉋で仕上げたものです。 鉋もよく切れていて、鏡面仕上げ。 IMGP1437   外部の窓枠。 刻めましたので、明日は弁柄塗装です。 夜は、事務仕事がありますが、 今日も念のため早く休もう。 ではまた明日!!                         2016年6月5日(日) いつも日記帳を見て頂いてありがとうございます。 申し訳ありませんが今日はお休みします。 ではまた明日!!           2016年6月4日(土) 昨日はダウン。 久々に休養できました。 治ったのか?治らないのか? わからないまま、祖母の一周忌の法要へ。 食事を頂く際、 隣の席に居合わせたのが、ここらでは皆が知っているだろう寿司職人。 やはり意気投合~ 内容はお伝えしにくいですが、 職種は違えど、職人って思考回路が同じなのかな? 流行り物ものを売りにしてる商売人と、ホンモノの職人は一味も二味も違うんですね。 その辺が何ともお伝えしにくいのですが、 普段の何ともない時間でも、勉強になるお話があるものです。 もう少しわかる男になってから、そのお寿司屋さんにお邪魔させて頂きたいものです。 ではまた明日!!               2016年6月3日(金) 午前は作業場でお仕事。 午後はお休みしました。 何年振りかな? 熱を出しダウン。 お医者さんで点滴を打ち、 今日は何も食べず、ひたすら眠ります。 ではまた明日!!           2016年6月2日(木) 腰板張り終了です。 腰板を張るとシャキーンと引き締まりました。 IMGP1428   少し時間があったので破風板のワックス塗り。 このように、住みながらメンテナンスすれば長持ちします。 IMGP1436   今日はCADの講習の日。 いそいそとしております。 行ってきます。 ではまた明日!!             2016年6月1日(水) みなさま。 いつも日記帳を見て頂いてありがとうございます。   月日が経つのは早いもので、早くも6月。 さて今日も、腰板張り。 とてもいいお天気の中、板張りは続きます。 IMGP1396   北東側。 IMGP1397   水切部分上端は、降った雨を板が吸い上げないように、4mm透かして施工しています。   足元の通りも、釘の通りもバッチリです。   IMGP1405   最後の南面を残し、 今日の作業は終了。 IMGP1399   腰板張りはもう少し。 頑張ります。 ではまた明日!!         2016年5月31日(火) 今日は、施主様とみんなで藍染の日。 麻と綿が混ざった無地の生地がきれいにブルーに染まりました。 お施主様が考えた手づくりカーテン。 素敵なお部屋になるでしょう! 楽しみだな~! IMGP1381   さて、午後からは腰板張り。 超仕上げをかけてますのでピッカピカ。 鏡のように映ります。 ピッカピカなので水はじきもいいでしょう。 IMGP1386   ヒロ君は押え縁を取り付け中。       IMGP1388   北面終了~         IMGP1389   北西側。 いい感じでなのでニヤけてしまいます(^_^) IMGP1390   角のお仕事。 上手く納まりました。   IMGP1391     さて、今日はとある見学会に申し込み。 そしたら、早速返事があり、受付完了。 何かって? 6月末。日本の最高峰であろう、とある方の建築を新潟まで見に行きます。 以前に予定を立てていて、頓挫したので、2度目の正直。 楽しみでしかたないです。 またご報告いたします~   さてさて、最近思う事シリーズ。 物。 物って、好きな物や自分の想いがこもったものは大事に扱います。 でも、あまり気に入らないものは、多少扱いが悪いように思います。   家にも同じことが言えるのではないでしょうか。 想いをこめて建てた家。 苦労をして建てた家。 小さなものにも愛情を込めて造られた家。 使いこめば味になり、風合いになる。 お父さんお母さんが大事に使えば、子供たちも大事に使う。 またその子から子へと・・・その繰り返しで、お金では買えない価値になるんだと思います。 物を大事にし、家を永くもたせることは最大のエコだな。   ではまた明日!!                         2016年5月30日(月) 週明けの月曜。 腰板張りスタート。 弁柄塗装した杉板を張っていきます。 IMGP1357   割れないように 片側だけ釘でとめた杉板。 押え縁で押えていきます。 IMGP1359   ビスで固定した押え縁。 IMGP1360   溝にビスかくしのヒモを打ち込みます。       IMGP1362   真鍮釘でとめています。 IMGP1364   ヒロ君頑張っています。         IMGP1366   今日の成果。 西面終了~ IMGP1370   最近思う事シリーズ。   山のお話。 僕の住む町。宍粟市一宮町。 これと言って何もない町。 何があるといえば・・・・・・ う——–ん・・・山しかない。 でも、何かおかしい。 大工さんも多くいるし、山もある。 しかし、地元の木を使う大工さん・工務店はほとんどいない。 何でやろ?? 僕自身、山崎町の市場で木を買っている。 その市場の木は宍粟の木以外もあり、県外の木も入っているよう。 なんだか変ですね。 これだけの木があるのに、地元の木が上手く使われていない。 下手すれば、外材の方が手に入りやすい。 こんなに近くに木があるというのに、 わざわざ、燃料を焚いて遠くから運搬してくる。     僕が思うに、地元の大工さんが、地元の木を使い、地元で家を建てる。 そんな、シンプルな事が全然できていない。   僕は変えたい!! こんなおかしなシステム。 建てる家から見える山で木を伐り、 自分で製材し、 木をはつり。 いろんなものに、極力依存せず家を建てる。 夢のようですが、僕にはには見えています。 それに向けて、一歩づつ確実に歩んでいきたい。 そしてシンプルに生きたい!!! ではまた明日!!             2016年5月29日(日) 今日も沢山の皆様、 僕の日記帳、僕のひとりごとに付き合って頂いてありがとうございます。 日曜日も終わりましたね。 今日は作業がお休みの日。     さてさて、最近の日記帳。 最近思う事シリーズで日記を書いています。 今日も続けます。   最近思う事シリーズ。 時間の話。 皆さんは、時間を時間をどのように使っていますか? 僕に休日は無いので、寝てる以外はほぼ仕事の事を考えています。 でも、辛いことではなく、好き好んでやっています。 もちろん辛い事、しんどいこともあります。 しかしそれもひっくるめて、 楽しくて仕方がないのです。   皆さんはどうでしょうか? お仕事に時間を費やす方が多いと思います。 そのお仕事で稼いだお金。 住宅ローンに消えていく方が多いのでは?   現在建っている30年住宅。 30歳で建てた家が60歳で支払い完了。と同時に家はガタガタ。 貴重な時間をお仕事に費やし、ローンを払い続けた挙句、定年の頃には大規模なリフォームか解体。 今後、このようなパターンになる方が増える気がします。 はたしてこれで良いのでしょうか?   僕の思う石場建ての家、120年住宅。 最初の世代は少ししんどいかもしれませんが、 しっかりと造っておけば、子の世代・孫の世代になれば、 住宅ローンに追われることがなく、 心にゆとりのある生活。時間に追われない生活が出来るのではないでしょうか? 人生の限られた時間。 有効に使いたいものです。 ではまた明日!!                   2016年5月28日(土) 今日は、外部の胴縁打ち。 腰板の下地です。 IMGP1356 IMGP1351   IMGP1352 IMGP1353   左官屋さん外部の中塗りを頑張っています IMGP1355     最近思う事シリーズ。 さて、これから梅雨に入ります。 梅雨といえばジメジメ。 そこで、土壁で無垢材の構造が意匠のお家が活躍する季節です。 僕はいつも体感してよ~くわかっていますが、 土壁と無垢材の家は涼しいということ。 温度計と湿度計をいつも室内に置いていて、 数字としては高いものの、 体感が涼しく感じます。 外はジメジメ、室内はさらっとしています。 やはり、土壁や無垢材が湿気を吸います。 一番に湿気を吸うのが、梁などの構造材。 ㎥数が大きいほど、よく湿気を吸うようで、 家全体が湿気を吸うので、涼しく感じるのでしょう。 そして、空気が澄んでいるので、ストレスも吹き飛ぶように思います。   地震に強く 健康的で機能的 三拍子も四拍子もそろった、伝統構法・石場建ての家。 伝統構法=古臭いではなく 伝統構法=最先端走っています!!   ではまた明日!!                         2016年5月27日(金) 久々の現場へ。 IMGP1343 内部の左官工事は終了し、 外部のおおならしが始まりました。 IMGP1344 大工工事も腰板を張る準備をしております。 バタバタとしていましたので、以降の写真はありません。 すみません。   さてさて、最近思う事シリーズ。   大工さんというお仕事。 僕は大工さんのお仕事が、たまらなく好きです。 おもしろくて仕方ありません。   考えてみると、伝統構法をやり始めてからかな。 大袈裟かもしれませんが、伝統構法に携わる大工さんは世界を変えられるお仕事だと思っています。   使う材料のチョイス次第で、地球にやさしい家づくりが出来ます。 工法のチョイス次第で、地震に強く、人の命を守ることが出来ます。 地域の材を使う事で、地域が潤います。 杉や桧などムク材を使う事で人の健康を守ります。 そんな事を考えていると、次は何をしようか、あれをしようか・・・と。 やりたいことが山積みで、考えていると面白くて仕方ありません。   もともと、ここまでお仕事が好きな訳ではありませんでしたが、 今考えると、自分から好きになるようにコントロールしたのかな?って思います。   成人して、人生の内の半分以上の時間を、お仕事に費やします。 後の残りは睡眠が大半です。   限られた人生。 自分から楽しくなるように、もっていきたいものです。 考え方を変えるだけで楽しくなりますよ!きっと。   こんな幸せなお仕事をさせて頂いていることに感謝しながら 明日も仕事に励みます。 ではまた明日!!             2016年5月26日(木) 朝から建具屋さんへ。 ネットで注文のガラスが届いたので 早速はめて頂きました。 IMGP1328   食器棚の建具と左の彼は、建具屋さんの親方。 僕の同級生で、頼りになる建具屋さんです。         IMGP1330   こちらは、先日弁柄塗装をした、玄関建具。 これもまたいい感じです。     IMGP1333   さて、作業場に帰り、ワックス塗りです。 超特製ワックスにしてみました。 普段は、荏油5に対し蜜蝋を1にしますが、 今回は、荏油3.5に対し蜜蝋を1にして、 蜜蝋の濃度を濃くしてみました。 蜜蝋を濃くすることで、撥水を強くし、長持ちさせるのが狙いです。   蜜蝋が濃くなった分、普通よりもワックスが固くなるので、 ある方に教えて頂いた方法。 木のへらでコリコリと掘り、ペースト状にします。     IMGP1335   ペースト状にした蜜蝋を、間配ります。 IMGP1334   そしてのばします。 IMGP1336   数時間なじませ、 ふき取り~ なんとも言えない深みが出ます。 IMGP1337   ワックス塗り完了~ IMGP1341   明日の準備をして今日のところは終了です。 IMGP1342       さてさて、最近思う事シリーズ。 今日の最近思う事は、 石場建てと基礎の家の差。 さて、伝統木構造の家とはどんな家なのでしょうか? はっきりとした定義はないのですが、 統木構造の家とは要点は柱だという事。   僕の思う、伝統木構造の家とは、 礎石まで伸びた柱に、少し大きめの足固めが入ること。これがミソです。 足固めが小さすぎればダメだと思います。 足固めのサイズが大きい事で、曲げ抵抗が大きくなります。 そして、貫・差鴨居・桁固めなどが地震などの外力に対して抵抗し、 差し物が入ることで、建物に粘りが出来るという事です。   一方、基礎のある家では、 基礎をして、土台を敷き、アンカーボルトで固定します。 土台が傷めば取替不能です。 そして、コンクリートの耐用年数の問題。 コンクリートの立ち上がりの打設は、ほとんどがポンプ車を使います。 これが、ダメで、ポンプ車を使う事で、シャブシャブのコンクリートをうたなければいけません。 これでは、耐用年数が一気に減ります。 なので、基礎のある家の耐用年数は、よくもって60年です。 石場建ての家は、その倍120年以上は持つと思われます。 これがなかなか分かってもらえないんだな~ わかってくれる方がふえればいいな~   さて今日はCAD教室の日。 ではまた明日!!                     2016年5月25日(水) IMGP1320 茄子です。 紫がきれいだったので撮ってみました。 深い意味はありません。   さて今日は弁柄塗装。 IMGP1323   余分な弁柄をふき取ります。 IMGP1325   弁柄塗装終了~ IMGP1326   明日は超特製蜜蝋ワックスを塗ります。   さてさて、最近よく思う事。 人との出会い。 人との出会いは、何かの縁と、絶妙なタイミングに成り立っています。 その人と出会った事で人生が変わることだって、おおいにありえます。 なので、ひょんな事でも、何かの縁で出会った方。とても大事です。 今思えば、僕自身のターニングポイントでは、いろいろな方との出会いがありました。   でも、せっかく出会った事を大事にしない方は、嫌いです。こちらから離れてしまいます。   若いころはこのようなことは、あまり考えませんでしたが、 最近特に、人に感謝すること、人に気を配ること そして何かの縁を大切にしたいと思っています。 一人では生きていけませんから・・・   ではまた明日!!               2016年5月24日(火) 今日の作業場はにぎやか。 お施主様がカーテンの藍染にチャレンジ。 という事で、 ためし染めの日。 IMGP1304 藍染の液体。 IMGP1305 藍染キットが売ってあるそうです~。 IMGP1306 染め上がりは、またのお楽しみという事で・・・(^_^)   さて大工さんたちは、 腰板の加工。 IMGP1317 分を決め。 場所ごとに割り振り、幅を決めます。 IMGP1318 ヒロ君は杉のためし削り~ まだまだ修行が必要です(^_^) IMGP1319 明日は、仕上げて弁柄塗りです。 ではまた明日!!           2016年5月23日(月) さて、今週も始まりました。 これから暑くなりますが、無理せずボチボチいきましょう。   今日は、弁柄塗装の日。 押え縁の弁柄塗装。 IMGP1297 ヒロ君はワックスをぬりぬり。 IMGP1299 押え縁のワックスは終了し、 次は腰板の加工。 明日は分を決め、幅を決めていきます。 IMGP1300   さて、僕が現在携わっているお家。 時々、高級な家だと言って頂きます。 どうでしょう?高級なのでしょうか?     健康的な生活を望むなら、化学物質のベニヤは使わず、無垢材を使います。 環境に優しい家を望むなら、石膏ボードは全く使わず、自然に還る、土壁を塗ります。 家を長持ちさせるなら、セメント瓦は使わず、いぶし瓦を使います。 地震に強い家を望むなら、剛構造の筋違いは使わず、柔構造の大貫を通し、石場建てで建てます。   このように、想いがあれば自ずと選択肢は狭まります。 なので、僕が携わっているお家、特に高級ではありません。 これが、本来の建て方で、家の為、お施主様の為。当たり前の建て方だと思います。 想いを大切にしたいものです。 ではまた明日!!                 2016年5月22日(日) いい休日になりましたか? 今日の僕は事務仕事の日。 日記帳はお休みします。   ではまた明日!!             2016年5月21日(土) 今日は塗装屋さん。 玄関建具を弁柄塗装後、蜜蝋ワックスを塗り終了。 IMGP1296 その後は、腰板の押え縁の弁柄塗装。 バタバタとしておりましたので、 写真はございません。   最近は暑くなってきましたが、皆様お体ご自愛下さいませ。 ではまた明日!!         2016年5月20日(金) 朝から外部の加工です。 腰板の押え縁。加工終了。 IMGP1288 合間を縫って建具屋さんへ。 トイレの地袋の建具。 腰板に合わせて すべてケヤキで出来ています。 IMGP1283 こちらは、下駄箱の建具。 杉の柾板に黒色は神代杉の隅丸。 IMGP1286 食器棚の引き出し。 IMGP1287 建具屋さんから玄関建具を預かり、 IMGP1290 ヒロ君と弁柄塗装。 IMGP1293 明日も弁柄塗装屋さんです。 ではまた明日!!             2016年5月19(木) 僕のPC。 触ったおぼえはなく、勝手にウィンドウズ10にアップデートされました。 慣れてないので、少し使いにくい・・・   さて、今日も朝から加工をしております。 お昼休みを利用して、 今日からプチ改修後リニューアルの野々工房さんへ。   新しくなったショーケース。 IMGP1272     先日お作りした、ケヤキのお菓子棚が活躍しています。 少し見えにくいですが、ケヤキの棚の奥のお菓子。 今日から、新発売の天日塩のクッキー。 クッキーの甘さと天然塩の甘しょっぱさが絶妙です。 皆さん野々工房寄られた際には是非食べてみてください。おすすめです(^_^)   IMGP1270   小川建築コーナーも少しリニューアル。 IMGP1273   本の説明文を追加させて頂きました。 ありがたいです。 IMGP1274   さて今日のヒロ君。 大好きなイチゴショートをニヤニヤしながら食べておりました。 お味は超うまいとの事。 どこかで聞いた話では、 イチゴショートは通好みらしく、 イチゴショートを食べるとそのお店のケーキのレベルがわかるそうです。   ヒロ君はケーキ通なのでしょうか?? IMGP1278   油を売ってたら、叱られるので、 仕事仕事。と、言う事で 押え縁の加工。 150本ほど作りました。 IMGP1280 押え縁に溝を切り、溝からビスで固定します。 IMGP1279   埋め木を叩き込み、真鍮釘で固定する段取りです。 IMGP1282   明日は腰板の加工です。 今日は木曜CAD教室の日。行ってきます。 ではまた明日!!         2016年5月18日(水) 以前に伺った、実験。 今日の神戸新聞に出てました。 時間がある方は記事をお読みください。 神戸新聞 さて朝から現場へ。 左官屋さんが、漆喰の見本を用意してくれました。 左が漆喰と黄色の弁柄。 右が漆喰と黄土。   IMGP1263 さて作業場に帰り、 加工が始まりました。 IMGP1266 今日のヒロ君。 少しボケました。 すみません。 IMGP1267 押え縁分決め完了です。 IMGP1269 明日も加工はまだまだ続きます。 ではまた明日!!                   2016年5月17日(火) ここ宍粟市は夜中まで大雨でした、 しかし今日はすがすがしいお天気。 こんな日は気分がいいですね。     さて、朝から建具屋さんへ。 建具が徐々にできています。 下駄箱の建具です。 黒い縁は神代杉。 板は杉の柾板。 IMGP1255 富士山ガラス。リユース。 建具屋さんが上手く使ってくれました。 おかげさまで生き返りました。よかったよかった。 建具が建つのが楽しみです。 IMGP1256   さてさて、今日は野々工房さんの作り物。 ケヤキで作るお菓子の棚。 IMGP1260 ケヤキは狂いやすく、扱いにくい材だと改めて実感。 何とか組めました。明日納品します。 さて、明日からは越屋根のある石場建ての家の外部の加工再開です。 ではまた明日!!           2016年5月16日(月) 今日は野々工房さんのプチ改修。 朝から、作業台の仕上げ。 杉の一等材で作りました。 コーヒーを入れる作業台になるそうです。 IMGP1244 ヒロ君は、カウンター材の仕上げ。 よ~く考えて数をこなせばカンナは上達します。 IMGP1247 さて、明日も野々工房さんの作り物の日です。   Facebookを見てるとこんな記事が。 熊本の古川さんにお借りしました。 以下はコピーです。 昔の家は土と藁と木と竹でできていたので、解体時、ほとんどの材料が自然に戻り、埋め立てゴミはわずかである。
最近の住宅は、サイデングと石膏ボード等で、家まるごと埋め立てゴミである。日本はエネルギー枯渇より前に、ゴミ問題が先に来るだろう。しかし、日本はゴミ問題には関心がない。水銀しかり、核のゴミしかりだ。核廃棄物は処理費用が計算できないから含めないと能天気な国である。石膏ボードは、新品は1枚350円だが処分時は600円かかるので、新品時950円にすべきだと言ったら笑われた。石膏ボードが950円になれば、杉板とほぼ同価となり杉の羽目板がビニールクロスと勝負できるのだ。石膏ボードは不燃性がよいち言う人がいるが、外国みたいに厚く使えばことはすむ。
伝統的構法から建築材料のことを学ぼう。屋根瓦は砕いて車庫の下地にし、土壁や漆喰は土に戻し、木材や藁や竹は燃やせばよい。伝統的構法の建物こそ、ゴミがすくない孫の代を考えた次世代住宅なのだ。 家を建てる事。 一時の事を考えるのではなく、 トータルで考えてほしいものです。 ではまた明日!!               2016年5月15日(日) さて飛騨では、削ろう会が盛り上がってるようですが、 僕たち大工さんは全く関係なしに、日曜出勤~   今日は、いつもいつもお世話になっている、 ケーキ屋さん、野々工房さんの作り物。 作業台を作ります。 IMGP1240 ホゾ穴を掘り IMGP1241 ホゾを取り。 IMGP1242 組み立て完了。 今日はがっちりと固定し、養生。 IMGP1243 他の作り物も終え、 明日は野々工房さんのプチ改修。 ではまた明日!!         2016年5月14日(土) 越し屋根のある石場建ての家。 外部工事は進んでおりますよ。 今日は板金工事終了~ 上手く納まりました。 IMGP1223 IMGP1220 僕たち大工は、 越屋根の窓周りのお仕事。 IMGP1225   さて窓下の工事ですが、 サッシから水が入った場合、 サッシ下の防水紙の上を流れる仕組にしています。 IMGP1228 下枠を打つと、 水が出ていかないので、 下枠にシャクリを入れております。 IMGP1229 窓枠出来上がり。 IMGP1230 雨風にも安心になりました。 IMGP1233 今日の全景。 じわじわできています。 IMGP1236   さてさて、家とは。 造り手によっていろいろと想いは違います。 建築は、考えるほど深く 勉強するほど想いが強くなる。 同志はいない。 自分の想った道を進むしかない。 周りは気にせず突き進んでいこう。 もっと深みを目指して・・・ ではまた明日!!       2016年5月13日(金) 今日はあちこちへウロウロの日。 朝から、屋根の改修工事現場の段取り。 次は、ボイラーの取り換え工事の段取り。 その後は現場へ。   現場では、僕と同級生の織金君。 字のごとく、金を折る為に生まれてきた男です。 流石に上手く施工してくれます。 IMGP1208 安心して任せられます。 IMGP1210 土台水切りの角の工事も上手く納まりました。 IMGP1207 さて僕たち大工は、 南面の桁の水切りの施工です。 今日で水切りの施工は終了です。 IMGP1213 また明日は加工に入ります。 ではまた明日!!         2016年5月12日(木) 今日も桁の水切りの取り付け。 今日は一階部分。 IMGP1201 追加で窓上の差し鴨居にも取り付けしました。 IMGP1202 北面終了。 IMGP1203 またまた追加で、高さの低い寝室の地窓も取り付け。 IMGP1204 帰りに建具屋さんに寄り、 気になる建具を見てきました。 以前使ってあったガラス。息を吹き返しました。 IMGP1205 今日は週に一度のCAD教室に行ってきます。 ではまた明日!!           2016年5月11日(水) 今日は、 桁水切の施工です。 IMGP1185 桁の上端は水平なので、 三角の打ち物を打ち、水切りに勾配を付けます。 IMGP1186 コーキングはあまり使いたくないですが、 雨漏りがしたら困るので、ここでは使います。 IMGP1187 角の点につけます。 IMGP1188 片方は瓦。左奥は掘り込み。 一本物を入れるのは困難なので、 半分づつ切って入れます。 IMGP1189 固定は、ステンレス釘65mm IMGP1192 破風板の笄栓も切りそろえ、 越屋根部分の妻側完成です。 IMGP1196 内部では左官屋さんが、 投光器片手に仕上げをしています。 投光器は小手波が出てるか出てないかを確認するため。 IMGP1199   さて明日は、下屋根の桁の水切の施工です。 ではまた明日!!               2016年5月10日(火) 今日はバタバタ・ウロウロな一日。 一日に三回も作業場と現場を往復。 みんな、自分の段取りで好きなこといってくれるな~! まっ、まとめ役だから仕方ないか・・・   僕とヒロ君は作業場で桁の水切りの加工と弁柄塗装。 蜜蝋ワックスが切れたので作りました。   オリーブオイル入りです~ IMGP1169 粒状の蜜蝋 IMGP1170 現場では、腰見切りの板金工事中。 IMGP1171 土台水切り IMGP1173 足固めの折置組みの木口も雨で腐りにくいように板金巻。 IMGP1175 内部は、数か所は仕上げ完了。 IMGP1176 今日は越屋根部分の大直しです。 IMGP1177 いい段取りで現場は進んでおります。 明日はまた現場に向かいます。 ではまた明日!!                     2016年5月9日(月) 今日は別件の現場の段取りを少々。   さて、最近よく思う事。 大袈裟に聞こえるかもしれませんが、 家の造り方・材料のチョイスひとつで、 住まい手の人生を左右してしまう事。   例えば、屋根材。 カラーベスト セメント瓦 板金屋根(ガルバリウム鋼板) 平板瓦 釉薬瓦 いぶし瓦 書いている順番はお値段の安い順です。   しかし何を持って安いのでしょうか??   一番目のカラーベスト至っては、最低です。 安いといえども、職人の手間が入りますから、高額になります。 あくまでのほかの屋根材から比べればお安いと言う事です。   カラーベストの耐用年数は十数年。 十数年後には塗り替えが必要になります。 塗り替えをしたからと言って安心できません。 ペンキで、ジョイント部分を塞いでしまう為、呼吸が出来ずに下地を腐らせてしまいます。 という事で、十数年に一度はメンテナンスをしなくてはいけないので、 例えば100年スパンで見た場合、結局は一番高額になるのではないでしょうか!? そもそもカラーベストは100年持ちませんが・・・   その点、いぶし瓦は優等生で、 瓦自体の耐用年数は100年以上。 棟などの積み替えが30~40年で必要なものの、 メンテナンスが簡単なのです。 最初のお値段は他の屋根材に比べれば、高額ですが トータルで考えれば一番経済的なのではないでしょうか!? そして、見た目が美しく、使い終えても自然に還るので、三拍子そろっています。   あと家の造り方も同様で、 造り方を間違えると、 地震に弱く 健康に悪く 不経済。 悪いのが三拍子そろった家になってしまいます。 皆さん、気がついた頃にはもう遅いですよ!   税金などの締め付けが 一層厳しくなった昨今。 生きるためだけでも難しくなったように感じます。   家の造り方・材料のチョイスをきちんとしただけで、 住まい手の財産を守り、 気持ちにゆとりのある生活を過ごせるのではないでしょうか!?   もう一度言います。 大袈裟かもしれませんが、 材料の家の造り方・材料のチョイスひとつで、 あなたの人生・そのあとの世代の人生が変わります。   地震に強く 健康的で 環境に優しく 長持ちする 賢い家づくりをしてください。 よろしくお願いします。 ではまた明日!!                                             2016年5月8日(日) 今日は、気持ちのいいお天気でした。 メッチャお仕事日和。   そんな中、外部のお仕事は続きます。   腰見切りの角のお仕事。 しっかりと千切りが入っています。 IMGP1147 両方から蟻で引き寄せています。 IMGP1149 そして土台見切り。 直線がよく通っています。 IMGP1155 柱の養生紙も切り取り、 スッキリ~ IMGP1156 いい感じになってきました。 IMGP1157 腰見切り・土台水切りの下地もできたので あとは板金屋さんを待ちます。 IMGP1153 明日は雨の予報なので、 今日できなかった事務仕事の予定です。 ではまた明日!!           2016年5月7日(土) 腰見切りの取り付け進んでおります。 見切りの角のお仕事。   大工と雀は隅で鳴くと言いますが やはり隅のお仕事に手間がかかります。 IMGP1140 見切りの通りもバッチリ! IMGP1142 腰見切りがつくと家が引き締まって見えます。 IMGP1146 さて、明後日からはまたまた雨が降る予報なので、 明日は日曜ですが現場に出てお仕事の予定。 ではまた明日!!                           2016年5月6日(金) さて、本格的に外部の工事始まりました。 がしかし、今日は雨の予報・・・ 雨が降るまでに出来るだけ進めたいところ。 IMGP1131 腰見切りの取り付けから。 IMGP1134 先ずは北東方向から。 IMGP1135 腰見切り。 ただの飾りではありません。 柱の中ほどを見切りで補強することで 地震の際、建物の変形への抵抗勢力になる重要な部材です。 なので、少し高級な長めのビスで固定しております。 IMGP1136 さて、現場は沢山雨が降ってきたので、午後二時に作業終了。 明日は良く晴れそうなので作業がよく進むでしょう。 ではまた明日!!             2016年5月5日(木) GW終わりましたね。 皆様。いいお休みが出来ましたか?   僕は、もちろんお仕事です。   外部の腰見切り。 弁柄塗装始めました。 弁柄と蜜蝋ワックスを塗りました。 IMGP1125 塗装も終了したので。 少し作り物。   千切りです。 両方が蟻になっています。 IMGP1127 仕口のところに蟻を切り。 IMGP1126 両方の材に蟻を打ち込みます。 IMGP1128 ビスやボンドをを使わなくてもしっかりとした、 出留の仕口が作れます。 この仕口を、建物の角の見切りに使います。 IMGP1129 今日は、夕方から現場で墨だしも出来たので、 明日からは取り付けです。 ではまた明日!!               2016年5月4日(水) 今日から外部の加工が始まりました。 朝から納まり図面を描き。 材料の準備。 先ずは、 腰壁の腰見切り・笠木・土台水切り。 IMGP1119 とりあえず加工は終了。 IMGP1120 明日ももちろんお仕事です。 弁柄塗装です。 ではまた明日。         2016年5月3日(火) 世間は、GW真っただ中。 職人はGWなんて関係ないですね。 さて現場では、左官工事の段取りを少々。 吹き抜けの足場をしたり、養生紙をめくったり。   写真は越屋根部分の桁です。 このお家は、桁固めと言う部材を入れました。 IMGP1112 普段はあってもなくても大丈夫な部材ですが、 大地震の際には力を発揮します。 IMGP1114   在来軸組工法にはない足固めや桁固め。 いざという時に家族の命を守ってくれる大事な部材です。   さて明日もお仕事。 GWに惑わされずにお仕事に励みます。 ではまた明日!!           2016年5月2日(月) 今日は先輩大工さんの上棟の応援へ。 ヒロ君と一緒に刺激を頂いてきました。 久々の炎天下。 疲れました・・・ ではまた明日!!         2016年5月1日(日) 早いもので、5月に入りました。 GW皆さんはどのようにお過ごしですか?? 僕は現場はお休みですが、何かとお仕事が溜まっています。     写真は、先日講演会に参加した際に頂いた冊子。 ものすごくいい冊子で、 少しかいつまんで紹介します。 IMGP1109 家を建てる事とは、そもそも自然に逆らっている。 自然にしたがって建てないと自然力に壊される。   僕が現在建てている家は、伝統構法。 現在、多く建っているのが、在来軸組工法。   昭和5年に眞島健三郎は、当時主流だった剛構造論を批判して、 伝統木構造の神髄は柔構造であるとし、筋違いで固めるのは間違いだとした。     在来軸組工法 IMGP1110 特徴は、軸力抵抗をする筋違いに頼ります。 建物が変形すれば、筋違いが起きて桁を突き上げてしまう。 もしも筋違いが、シロアリにやられるか、腐っているとすれば、 体力が低下するので、大きな地震が来れば壊れるしかない。         一方、伝統木構法は、 IMGP1111 柱を立て材とし、 横材として、通し貫・胴差・差し鴨居・足固めで構成されています。 大地震が来れば、 最初に耐力壁が地震力を負担し、次に腰壁・垂れ壁・袖壁が働く。 三番目に壁土の崩落後に、通し貫や胴差が働いて柱の傾きを支える。 四番目に足固めと桁固めが協力し柱の曲げ抵抗を発揮させる。 五番目に柱が礎石から飛びのく。   在来軸組工法の筋違い頼みの一発勝負ではなく、 伝統木構造は五枚腰の免震構造である。   家とひとくくりに言っても、 工法でここまで違います。 これをチョイスするのはお施主様。 一生に建てるか建てないかの大仕事。 家を計画しようとする方は 今一度、慎重になって考えて頂きたいものです。 今日はこの辺で。 ではまた明日!!                     2016年4月30日(土) 今日もキッチン周りの工事。 貫通枘の割り楔締め。 割り楔はケヤキです。 IMGP1101 切り揃え、カンナ仕上げ。 IMGP1104 可動棚も付き、 食器棚の取り付けは終了~ 造りごたえがありました。 IMGP1107 レンジ台も取りつけ完了。 IMGP1102 IMGP1103 今日を持ちまして、 内部の造作工事終了。   さてさて、 家とは 家族の幸せを包み込む器。 それは、 地震に強く安心して住める家。 健康的で空気の澄んだ家。 自然素材で落ち着ける家。   杉や桧に囲まれたお家は、 お仕事などで疲れた心と体を癒してくれます。   そして、木で造る家は大工の手仕事がすべて目につきます。 丹精込めて造り上げたお家。 造り手の想いを感じ取って頂いたら幸いです。   もう少し、もう少し。 お施主様に住んで頂くのが楽しみで楽しみで仕方がありません。 住んで頂いて、喜んで頂くのを想って、 寒い冬も、暑い夏も、気分の落ち込んだ時も一人で乗り越えてきましたから・・・   さて残す工事も外部の工事のみとなりました。 僕の一番したいお仕事。 石場建ての家の工事。 好きなことをさせて頂ける幸せを噛みしめながら、 残りの工事も怪我なく進めたいと思います。   今日も見て頂いてありがとうございました。 ではまた明日!!                 2016年4月29日(金) 皆様。GWいかがお過ごしでしょうか? 僕はGWなんて全く関係なく、大好きなお仕事です。   食器棚の組立は進んでおります。   昨日組んだ、引き出し部分。 割り楔を打ち込み。 IMGP1090 板を張り。 IMGP1092 もうすぐ完成。 IMGP1096   現場では、並行して、 左官屋さんの壁の工事が進みます。 IMGP1099 今日も必死のパッチでお仕事に励みました。 疲れましたのでこの辺で。 ではまた明日!!               2016年4月28日(木) 皆様。いつもいつも見て頂いて本当にありがとうございます。   さてさて、今の時刻は22時22分。 週一回のCAD教室から帰宅し、日課のHPのアップ。 いやいや、さすがに疲れました。   さて今日のお仕事。 キッチン周りの加工も終了し、 午後から現場へ。 搬入を済ませ、 食器棚の縦枠からの取り付け。 IMGP1079 次は、物入れ内の壁張り。 後では張りにくいので先張りです。 IMGP1080 ヒロ君による釘打ちも終わり、 IMGP1083 あらかじめ組んでいた、 引き出し部分を取り付け、 右の縦枠も計算通り組めました。 IMGP1084 かなりの時間を要して準備した枠材。 上手く組めればすごい達成感! 大工さんは面白くてやめられません(^_^) IMGP1087 明日は祭日みたいですが、 祭日にも負けず、 引き続き、明日も食器棚の工事は進みます。 ではまた明日!!             2016年4月27日(水) 食器棚の刻みぼちぼちと進みます。 刻み終えた縦枠に鴨居を仮組み。 IMGP1074 細かい材も準備が出来たので、 積み込みラップで養生。 食器棚の刻みは終了しました。 IMGP1075 さてお次は、 レンジ台の準備です。 またまたハギ合わせ。 IMGP1076 内部の加工はもう少し。 明日中に現場に行けそうです。 IMGP1078   さてさて、よく思うのですが、僕はいろいろと恵まれています。 そして運がいい。 と言うのは、僕がしたいお仕事。 それは石場建ての家。 そんなしたいお仕事に、携わらせて頂いている事。ホントに運がいい。   そして、都市計画区域外に住んでいる事。 都市計画区域外は確認申請がいらない場所です。 なので、適合判定の機関に書類を出すなど、余計な経費がいらな 石場建ての家を建て放題。ホントに運がいい。   地震で潰れるなんてありえないでしょう!! 石場建ての家。地震に強い家。僕は絶対的な自信を持っています。     ではまた明日!!                   2016年4月26日(火) 食器棚刻んでおります。 朝から墨付け。 IMGP1072 ややこしい仕口にしたせいか時間ばかり過ぎてゆきます。 IMGP1073 その上機械トラブル発生。 21:00まで残業~ 疲れましたので今日はこの辺で・・・   ではまた明日!!         2016年4月25(月) 三日ぶりの日記帳。 すみません。勝手をしておりました。   さて先日の土曜日は、 出石へ。 IMGP1062 古民家再生の元祖、降幡廣信さんのお話と、 三人の先生のパネルディスカッション。 最後は小川三男さんの槍カンナ削り。 IMGP1056 いいお話が聞けました。   さて昨日日曜は、 次に携わるお家お調査。 小屋裏を調査しましたが、 棟にくくりつけてあった、 看板板を外し、数十年ぶりに日の目を見ました。 IMGP1063 20センチ×40センチくらいの板です。 僕たちが現在使う板と比べかなり小いです。 看板板の呼び名はいろいろとあり、 手板とも呼びますが、手で持つサイズなので手板なのかな。   IMGP1065 看板板には、昭和18年とあり、 築73年という事がはっきりわかりました。 石場建てだからこそ、73年ももっています。 そしてまた修繕をすれば、50年以上は確実です。 やはりいいですね!石場建ての家。 IMGP1066     さてさて、今日は、 食器棚の刻み。 先日に仕上げた引き出し部分の天板。 IMGP1052 引き出し部分も終わったので、 IMGP1053 次は、縦枠の刻み。 またまたハギ合わせ。 IMGP1070 外部の段取りも始めました。 板の束をばらし、乾燥させます。 IMGP1069 IMGP1068 明日もまだまだ食器棚の刻みは続きます。 ではまた明日!!                 2016年4月23日(土) 今日と明日の日記帳はお休みします。 見て頂いた方すみません。 ではまた月曜日に見てくださいね!!           2016年4月22日(金) 今日は、盛りだくさんな一日。 ハードでした。   朝から食器棚の刻み。 現場へ行き、左官屋さんの段取り。 そして作業場へ帰り、またまた食器棚の刻み。 そしてまたまた現場で、建具の打ち合わせ。 そして、作業場へ帰り、またまたまた食器棚の刻み。   食器棚の天板のホゾを取り。 IMGP1032 引き出しの縦板。 ホゾが沢山あります。 IMGP1035 組み立て開始。 天板の下が引き出し室になる為、 蟻桟が打てない為、貫通のホゾで固定します。 IMGP1038 板と板の間が引き出しになります。 IMGP1039 ケヤキで作った割り楔。 IMGP1040 一か所だけ切ってみました。 IMGP1042 いい感じ♪ 白木にケヤキが映えます。 IMGP1043 今日のところはお休みです。 IMGP1045 今日は残業。 クタクタです。 明日は、朝一に現場で左官屋さんの段取りをして、 出石まで講演会を聞きに行ってきま~す。 ではまた明日!!         2016年4月21日(木) 昨日、ハギ合わせの板。 朝から、カンナ仕上げ。   ヒロ君、天板を仕上げております。 IMGP1025 カンナの刃先を砥げば、カンナはよく切れます。 訓練校で一年間砥ぎ物をした成果がここで出ています。 弟子入り一か月とは思えないカンナ屑を出していて、 仕上がりも鏡面仕上げ。 あとはどんどん経験を積むだけ。 IMGP1023 引き出しの仕切り板。 何やら変わった仕口です。 IMGP1029 そして、仕上げた天板。 天板の上に穴をあけています。 IMGP1026 穴が9か所も・・・ IMGP1027 貫通~ さてどんな仕上がりになるのでしょうか? お楽しみに(^_^) IMGP1031 さて、今日はCAD講習2日目。 スラスラと使えるようになるかな~?   さて明日も、食器棚の刻みです。 ではまた明日!!                   2016年4月20日(水) さて、今日の現場は、浄化槽と下水道の切り替え工事。 ユンボで掘っています。 IMGP1006 IMGP1010 中のものもすべて掘り出し、 下水道も無事につながりました。 IMGP1015   さて、作業場では、 食器棚の木取り。 桧の耳つき板で取っていきます。 IMGP1002 木取り終了。 IMGP1003 直角を決め、 分決めもしたので、ハギ合わせて行きます。 IMGP1012 食器棚のカウンター材。 IMGP1019 ヒロ君は耳の端材を、手のノコ切っています。 機械は使わずノコを引く練習もかねての端材切り。 IMGP1017 中仕切り板のハギ合わせ。 IMGP1020 ハギ合わせが多いので、 クランプが足りません。 足らない板はコーチボルトで引っ張ります。 IMGP1021 とりあえずハギ合わせの、 第一ラウンド終了。 削り台の準備も出来たので、 明日は仕上げていきます。 IMGP1022 ではまた明日!!                     2016年4月19日(火) 今日は、キッチンの施工の日。 要望がありましたので、キッチンの写真を沢山のせておきます。   先ずは搬入から。 IMGP0986 IMGP0988 IMGP0990 IMGP0991 IMGP0993 IMGP0992 IMGP0995 IMGP0996 IMGP0997 IMGP0999 っと言う感じで、無事に取り付けが終了しました。 スッキリとシンプルなキッチンがつきました。 TOTO製です。       さて、僕はというと、 今日は、大工さんをしたりしなかったりした日。 朝一の現場に始まり、 食器棚の材の搬入を済ませ、 次は建具材の搬入。 数年自然乾燥させた、杉の建具材。 これを建具屋さんに搬入。 IMGP0987 次は食器棚の寸法決め。 の後の、木取り。 これは、食器棚のカウンターの天板です。 これもハギ合わせていきます。 IMGP1001   さて明日からは本格的に食器棚の木づくりです。 ではまた明日!!           2016年4月18日(月) 今日は玄関の縦枠の取り付け。 納まりの都合上、柱に縦枠を張りつけます。 鴨居の溝は、建具溝2本。網戸溝1本。 計3本あります。 IMGP0971 それに対して、 右縦枠には防寒シャクリと網戸のシャクリををしている為、 これには溝が2本。 という事は、入れるのが、とてもとてもややこしい・・・ IMGP0973 しかし、きっちりと施工します。 IMGP0974 上手く納まりました。 IMGP0975 右枠はボンドはつけずにビス止めで納めました。 IMGP0976 右があれば、左もあるわけで。 切れ端を当てながら掘り進めます。 IMGP0977 ややこしい仕事でしたが、上手くいきました。 IMGP0978 付け框と巾木も入れ終え、 IMGP0979 IMGP0981 立ち上がりのバラ板も打てましたので、 玄関の造作は終了~ 残る内部の造作は、キッチンの食器棚のみになりました。 IMGP0982 という事で、明日からは、またまた加工に入ります。 現場ではキッチンの施工予定です。 ではまた明日!!                   2016年4月17日(日) 日曜の今日もお仕事。 日曜の早朝から現場で物音をたてると近所迷惑なので、 朝一は作業場で砥ぎ物。 IMGP0951 ヒロ君も隣で砥ぎ物。 僕は鑿研ぎでしたが、 鉞(まさかり)の砥ぎ物。 IMGP0952 何をしようっていうのでしょうかね~??   さて現場へ。   先ずは下駄箱の床張り。 IMGP0954 壁下地をして壁の板張り。 IMGP0955 板張り終了。 IMGP0956   IMGP0959 お次は棚板。 床で使った残りの材をハギ合わせました。 IMGP0969 下駄箱終了。 IMGP0962 桧と杉で大事な靴を湿気から守ってくれるでしょう。 IMGP0966 下駄箱の取り付けは終わったので、 次は壁下地。 ヒロ君は鉄砲は使わず、 木ずりを手打ち。 IMGP0970 さて玄関周りも明日で終了予定です。 内部の造作もあと少し。 気を抜かずに頑張ります。 ではまた明日!!                 2016年4月16日(土) 熊本の地震。 心配です。 被害に遭われた方の安全と、今後被害が拡大しないことを祈ります。     やはり、ここで思うのは、 家の造り方ひとつで、住まい手の運命を大きく変えてしまう事。 家づくり、やはり重要なお仕事です。 石場建て。もっと深く踏み込んでいかないといけないと思っております。       さて、現場では下駄箱の取り付けが始まりました。 先ずは柱の掘り込みから。 IMGP0934 中仕切りを立て。 IMGP0936 天板と両サイドの側板。 IMGP0937 側板の固定はショーワボルトです。 木の動きをよみ、出来るだけ端にショーワボルトをセット。 IMGP0939 右側板を組み。 IMGP0941 ヒロ君は左側板のショーワボルトの締め込み。 IMGP0942 壁止めも先に取りつけます。 IMGP0943 さて、取り付け開始。 IMGP0944 それぞれのパーツと柱にビスをもみ込み固定。 天板のいいラインが出ています。 しかし、この天板のフォルムがカッコイイ(^_^) IMGP0945 今日は、段取り良くスムーズな取り付けが出来ました。 こんな日は気分がよいです。 IMGP0947 さて明日は、下駄箱内の床張りと壁張り。 IMGP0948 さてさて今日は、現場にお客さん。 お酒を頂きました。 「庭酒」 姫路の広畑の酒屋さんのお酒です。 IMGP0949   僕の住む一宮町には庭田神社という神社があります。 庭田神社は日本酒発祥の地らしく、 播磨風土記には麹を使った日本酒造りの最古の記述が残るようです。 このお酒は庭田神社の境内より酵母菌と麹菌を採取し、 昔と同じ製法で造られたお酒で、 黒田官兵衛が活躍した時代に呑まれていたお酒と同じとか。   今日は久々にお酒頂きます。   明日は日曜ですがお仕事で~す。 ではまた明日!!           2016年4月15日(金) 今日は、ようやく現場に行けました。 朝から、玄関周りの加工。 なんだかややこしい加工。 玄関の縦枠なんですが、 しっかりと固定するが為にこのような加工になりました。 IMGP0930 加工は終了しましたので、 荷物を積み込み、現場へ。 現場では、下水道の工事。 IMGP0931   今日は、早朝から加工やら、現場の取り付けやらをしましたが、 バタバタとしていたので、今日撮った写真は、この2枚のみでした。 下駄箱の取り付けを始めましたので、明日はしっかりと撮っておきます。   今日は疲れましたので、この辺で。 ではまた明日!!                   2016年4月14日(木) 下駄箱の加工は続きます。 掘り込みと蟻桟を納め。 IMGP0923 建具の溝。 IMGP0924 ヒロ君。 自分で砥いだ鉋で仕上げています。 今までで一番の研ぎが出ました。 少しづつですが成長しております。 IMGP0925 最終の仕上げは僕が仕上げました。 節がゴロゴロあるのでかなりの強敵です! IMGP0928 下駄箱の棚板も作ったので、 下駄箱の加工は、ほぼ終了です。 明日はその他もろもろの加工。 もう一日加工にかかりそうです。 IMGP0929   さて今日から、週に一回の教室へ。 何の教室かというと、CADです。 以前から、CADを使いこなしたく思っていたので、 CAD教室の案内をみて迷わず応募。 今日がその第一回目。計10回あります。 CADを覚えれば、仕事の幅が広がりそうです。 がんばってきます。   ではまた明日!!           2016年4月13日(水) 玄関の材と下駄箱の加工はまだまだ続きます。 朝から、蟻桟の加工。 仕上げて、蟻を切り端の仕事をし、 そして、左側板・右側板・中仕切りを仕上げ、   蟻桟を叩き込みます。 棚受け兼用の蟻桟です。 IMGP0919 右側板・左側板・中仕切り なかなかの手間ものです。 IMGP0920 あの手この手で、木の動く力を封じ込めようと、 四苦八苦しております。 末永く使って頂ける下駄箱になるでしょう。 IMGP0921 残業で鉋のお手入れ。 仕上げの準備万端。 IMGP0922 もう少し加工に時間がかかりそうです。 ではまた明日!!                   2016年4月12日(火) 下駄箱の加工始まりました。 朝から木取り。 直角を決め、分を決め。   側板のハギ合わせ。 IMGP0913 中仕切りハギ合わせ。 IMGP0914 弟子のヒロ君。 今日も鉋仕上げ。 見える場所の仕上げはまだまだですが、 経験値を増やすことで、悩んで悩んでおぼえるでしょう。 毎朝いつも、6時半に作業場にやって来て、いつも遅くまで頑張っています。 この頑張りが実るのはいつの日かわかりませんが、 素直に、がむしゃらに頑張れば、ヒカリが少しづつ見えるでしょう。 IMGP0916 さて明日は、仕上げて蟻桟の仕込みをします。 ではまた明日!!                   2016年4月11日(月) 朝から現場へ。 TVボード下の板も張り終え。 IMGP0897 TVボード上の巾木も入れ終え IMGP0898 物入れの敷居も入れ IMGP0896 居間周りの造作終了~。 IMGP0895 今日から水道の外部の工事も始まりました。 IMGP0890 作業場に帰り、 下駄箱の段取り。 IMGP0904 玄関周りの納まり図も描けたので、 明日からは加工に入ります。 IMGP0905 ではまた明日!!             2016年4月10日(日) 今日は現場のお仕事はお休み。 弟子のヒロ君と一緒に、たつの市へ。 伝統木構造の会の先輩大工さんの作業場。   先輩大工さんの壁の強度実験を見てきました。 とても研究熱心な方で、 実物大のサイズで実験装置を造られています。 IMGP0883 すごい本数の貫が入っています。 本当なら、30mm×120mmの貫が3本から5本の本数ですが、 この試験体は、30mm×50mmの貫が12本入っています。 IMGP0884 この装置で、1トンの圧をかけて引っ張ります。 IMGP0886 貫のサイズが小さく、本数が多いのがみそだそうで、 普通なら地震後に斜めに変形した壁が、 力の入力を弱めた時に復元する数値が少ないところ、 この壁は、すごい復元力を発揮します。 力を掛ければ、貫がS字に曲がり、曲げの力が働いているのが良くわかりました。   お施主様の為に試行錯誤された、大工さんの心意気。 いつもの貫との強さの数値比較。 いい勉強になりました。今後に生かします!   来られた方は20人前後。中には神戸新聞の新聞記者の方も来られてたました。 明日は新聞はお休みなので、明後日の記事になるかもしれませんね。   帰りには、前から行ってみたかったあのうどん屋さんへ・・・ IMGP0889 日曜のお昼時だったのですが、混雑をすり抜けうまく入店。 カメラを持っていなかったので写真はありませんが、 おいしく頂きました(^_^)   為になる実験とおいしいうどんで、 いい日曜日でした。 また明日からも頑張ります! ではまた明日!!               2016年4月9日(土) 早朝から、TVボードの組立。 IMGP0867 方立の床の胴付きの確認。 IMGP0869 弟子の金子君、中仕切りを仕込んでいます。 IMGP0870 重~い桧を納めました。 IMGP0871 方立の納まり。 上の寸法は八掛け。 IMGP0872 IMGP0873 なかなかうまく納まりました。 ホット一安心。 IMGP0875 ボード下は物入れになるので、 こすれて壁が傷まないように、板張り。 IMGP0880 板張りが少し残りましたが、 今日は終了です。 IMGP0881 明日の現場はお休みです。 ではまた明日!!             2016年4月8日(金) TVボードのお仕事。 鉋仕上げをしたり、小さな部材を作ったりで、 夕方まで作業場で刻みました。 バタバタとしましたので、写真はなしです。 さて夕方に搬入。 IMGP0863 そして、TVボードが取りつくところに墨だし・掘り込み。 IMGP0864 やりだしたら、きりのいいところまで。 少し残業。 IMGP0865 残業からの、鑿研ぎ。 IMGP0866 今日もよ~く働きました。 明日はTVボードの取り付けです。 ではまた明日!!                         2016年4月7日(木) TVボードを作っています。 今日のお仕事は、鉋仕上げから。 そして、蟻を切り、蟻桟を打ち込みます。 4メートルの材に10本打ち込みました。 IMGP0840 建具の溝。 貼り付けの鴨居の予定でしたが、 高さが高くなるので、板にシャクリを入れました。 IMGP0841 こちらは、方立。 納め方が限られていて、 方立の裏からの固定は難しいので、 ビス止めなしの固定の為、 かなりの精度のいい加工が必要です。 IMGP0850 何ともややこしい刻みになりました。 IMGP0851 仮に納めます。 IMGP0852 バッチリ収まりました。 IMGP0854 次はハギ合わせ。 厚みが厚いので、 ダブル目地にし、ショーワボルトで締め込みます。 IMGP0857 少し残業でハギ合わせ完成~。 IMGP0860 約50センチのTVボード。 IMGP0862 明日も加工は続きます。     さてさて、お昼休みを利用し、いつもお世話になっている板金屋さんに呼ばれ見学に。 小さな社の銅板を葺いてました。 IMGP0843 すごい仕事がされています。 IMGP0844 龍の一刀彫。 素晴らしい。家大工の大工さんが造られたそうですが、 ため息が出ます。 IMGP0846 目の保養が出来ました。   このような彫刻は僕にはできませんが、 僕も頑張ります。 ではまた明日!!

伝統構法以外の事でも、お家の事なら何でもお気軽にお問い合わせください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • facebook
PAGETOP