小川建築 兵庫 伝統構法・石場建て「石場建ての家」

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加


小川建築の石場建ての家

IMGP1928

小川建築のHPにお越し頂きありがとうございます。

小川建築が石場建ての家を建てる訳。それは、地震に強く、健康的で、使い終われば、産業廃棄物の発生が極めて少ない事。近年の家は、土台の下に基礎コンクリートがあるのが当たり前になりました。そもそも、基礎コンクリートの上に、土台を載せアンカーボルトで固定することがどうなのか?50年しか持たないコンクリートに、100年持つ家を載せたところでどうなのか?

日本には現在、様々な工法がありますが、日本の気候風土に合った、よりよい工法を調べていくと「石場建て」に行きつきます。やはり、家を100年以上持たせる工法は石場建てしかない。

石の上に柱を載せる構法を「石場建て」と呼びます。家が地面に固定されていない為、大地震の際、礎石から柱がずれることで建物にかかる力を逃します。

家の傷みは足元からくることが多く、立ち上がり基礎の家の床下は、暗く空気の流通が阻害され、シロアリや害虫の温床にもなり、基礎内に入ることも難しいので、発見が遅れ、手遅れになるケースもあります。

石場建ての家の床下は、明るく通気性も良いので、足元は腐りにくく、防蟻性もとても優れています。また、床下に這って入れますので、定期的な点検が可能で、万が一不具合が生じても、柱の足元を修理することが可能です。

IMGP1535

石場建ての大きなポイントは、礎石まで下りた柱に足固めが差さる事。足固めの他にも、差し鴨居・桁固め・貫等の水平部材が柱を拘束し、建物を粘り強くします。足固めはできるだけ成の大きなものを使い、柱の拘束方法もいろいろな仕口や木栓があります。

割り楔

IMGP1779

コミ栓

IMGP1776

二方差し

雇い二方差し

三方差し

四方差し

このように固定には、ボルトなどの金物は一切使いません。なぜなら、ボルトは緩みますし、長年の湿気で金物が錆び木材を腐らせます。

 

また、水平部材の貫には、仕口があり、それぞれが柱に差さり、柱の動きを封じ込めます。

IMGP1596

柱の中ではこのような仕事がなされ、見えなくなる部分でも柱をガッチリと拘束しています。

IMGP1577

貫を通し、竹小舞を掻き、土壁の下地を作ります。

IMGP1605

IMGP1615

土壁は、もちろん発酵させます。なぜなら、発酵させることで強い土壁になります。定期的に藁を切り込むのですが、藁が腐ることにより、藁から溶け出たリグニンが接着剤の役割をし、溶けた藁が繊維質になり土と絡まり、水に濡れたとしても崩れない強い壁になります。

土壁は、地震時には、揺れの最初の抵抗勢力です。土壁を強くすることにより、地震に対しても強くなります。

IMGP1672

IMGP1697

こうして、すべての工程を終え、出来上がった石場建ての家。

IMGP3414

 

 

地震に強く

美しく

健康的。

使い終わっても、自然に還る材料で出来ているので、

後の世代にゴミの心配もありません。

 

石場建てで造る家は、

住まい手は、安心して健康的に暮らす事ができ、

作り手は、伝統技術を残しながら、木を使う事で大工として全うな仕事ができ、

世間には、環境にやさしい造り方で、地元産の木材を使う事で地域にも貢献できます。

 

石場建ての構法はまさしく「三方よし」の精神にぴったりとハマった建築方法です。

現在、30年しか持たない不健康な住宅が当たり前のように建てられていますが、

今一度、作り手はもちろんの事、住まい手も早く気が付き見直すべきではないでしょうか。

 

おがわ