伝統構法・石場建てによる、木と土壁の化学物質を使わない健康的な住まいづくり

~小川建築~兵庫 伝統構法・石場建て「石場建ての家」

  • HOME »
  • ~小川建築~兵庫 伝統構法・石場建て「石場建ての家」

小川建築の石場建ての家

IMGP1928

小川建築のHPにお越し頂きありがとうございます。

小川建築が石場建ての家を建てる訳。

 

それは、

・地震に強い

・耐用年数が長い

 

近年の家は、土台の下に基礎コンクリートがあるのが当たり前になりました。

なぜなら、法的に土台と基礎コンクリートをボルトで緊結させなければならない。

しかし、コンクリートの寿命は、せいぜい50年。

50年しか持たない基礎コンクリートの上に、100年持つ家を載せたところで意味がない。

 

やはり、家を100年以上長持ちさせる方法は、石場建て以外にない。

 

 

さて、石の上に柱を載せる構法を「石場建て」と呼びます。

家が地面に固定されていない為、大地震の際礎石から柱がずれることで難を逃れます。

また、床下に空気の流れがあるので、湿度が少なく、白アリなどの害虫が発生しにくい構造です。

 

 

 

IMGP1535

石場建ての家の工程を、順を追って行きます。

まずは基礎。

石場建ての礎石選びから。

コンクリートの水を吸わず、結露しにくい石が理想だと思います。

1922005_212063468993428_1727268011_n

このような自然石を据付します。

色々な石があります。

主要柱の下は、1m角のラップルコンクリートを打ち、600mm角の独立基礎の上に礎石を据えます。

IMGP1004

IMGP1008

束の下は、壺堀で施工し、

IMGP1032

石が並べば、土間コンクリートを打ちます。

IMGP1086

近年の家は、基礎があるのが当たり前です。

この上に、家が建つとは不思議ですが、建ちます。

IMGP1100

水道の配管、雨水の処理をし、基礎が終了です。

 

基礎と並行し作業場の中では、刻み作業です。

材木を直角二面鉋で削り、墨付けの準備完了です。

IMGP0962

杉材の9寸の桁です。

継手もいろいろとありますが、写真の継手は、尻挟み継ぎと言う継手です。

IMGP0971

上から樫の木の栓を叩き込み、継げば1本の木のようになります。

IMGP0973

次は、杉の梁です。

70年生位でしょうか。

IMGP0976

台持ち継ぎと言う継手です。

IMGP0978

継手を先に作り、長さの墨をつけます。

IMGP1082

 

加工・仕上げをしながら、弁柄の塗装もしますよ。

大工兼塗装屋さんですね(^_^)

IMGP1101

 

柱を刻んでいます。今では、廃版になった。リョービの込栓角のみ。

もう一度復活してほしい機械です。

IMGP1199

 

このように、ながい枘も作ります。

桁の上端から、割り楔で、抜けないように固定する仕口です。

IMGP1207

 

作業は変わって、破風板の型を、ベニヤ板に原寸を、書いています。

型どりしたベニヤ板を、切り取り型板にします。

IMGP1125

桧の破風板です。厚みは45mm。幅は元口で、500mmくらいでしょうか。

IMGP1129

破風板の拝み合わせの仕事です。

吸付蟻桟で笄栓にて、あえて下から締め込みます。

IMGP1142

 

母屋は蟻落としで納めます。

IMGP1146

破風板とは、桁・母屋・垂木を雨風から守り、屋根の装飾をする部材です。

家の屋根にはなくてはならない部材だと考えています。

IMGP3273

IMGP3441
話は変わり

私のおじいさんが、植えたとされる松です。

年輪を数えると、80歳でした(^_^)

画像 012

 

敷地の地盤を上げる為、自ら伐りました。

この日は、松が伐ってほしくないのか、チェーンソーの調子が悪かった。

 

 

 

少し短くなりましたが、小屋梁(天秤梁)になりました。

IMGP1152

IMGP1614

 

さて、刻みの作業は終了し、礎石のひかりつけです。

足固め下の、束です。

IMGP1252

 

 

柱の垂直を出し、基準からの、高さを測り、墨をします。

IMGP1257

 

竹製の口引きで、ひかりつけをします。

KIMG0289

 

口引きで、石の癖を写します。

この作業が、「ひかりつけ」です。

1978899_220722991460809_703616459_n
ほぼ一人の作業で、半年かかり、

待ちに待った、建前になりました。

フレームにして起こして行きます。

IMGP1263

 

さすが、雨男の建前です。

 

雨です。

IMGP1265

 

雨男の小川大工です。

IMGP1281

 

途中、中断しながら、進みます。

IMGP1388

進みます。

IMGP1451

進みます。

IMGP1421

休みます。

IMGP1404

また進みます。

IMGP1438

30mmの貫板を、入れながら進みます。

IMGP1434

 

大貫を入れながらの作業。なかなか進みません。

IMGP1449

IMGP1456

そしてまた雨。

1日目の作業は終了。

雨の為、思う所まで進みませんが、雨男なので仕方がない。

IMGP1462

 

 

さあ二日目。

やはり雨です。さすが雨男。

仕方がない・・・

しかし工事は進みます。

桁が納まります。

IMGP1480

IMGP1481

 

杉の梁丸太も、自分の位置に納まります。

IMGP1488

きっちりと納まります。

良い感じです(^_^)

IMGP1491

 

 

棟上げの、クライマックス。

棟木。

3本の材料を、つなぎ合わせ、1本にして納めます。

IMGP1497

棟木が納まりました。

IMGP1502

 

大工さんたち、

絵になります。

IMGP1517

 

 

下で組み、レッカーで吊り上げ、

正面の、破風板も納まります。

きっちりと、納まります。

IMGP1520

 

 

小川建築にとって、初めての「石場建ての家」

無事、暑い中、上棟終了!!

IMGP1522

 

 

さて、棟上げも終了し、屋根仕舞です。

季節は夏。7月下旬。

暑い!屋根仕舞!

IMGP1524

家らしくなってきました。

IMGP1530

IMGP1535

 

 

化粧野地を張り、かさ上げの垂木を取り付けます。

IMGP1537

 

 

化学物質は使いたくなかったですが、

暑いのが嫌なので、仕方なく、断熱材使いました。

IMGP1539

アルミの遮熱シートを張ります。

IMGP1544

 

 

通気層を設け、棟換気。

軒先から、空気を取り込み、棟から空気を抜き、

瓦の隙間から、熱い空気を放出します。

手間は掛かりますが、屋根の焼け込みが、少ないです。

IMGP1550

 

 

杉の12mm厚の野地板を張ります。

IMGP1553

 

野地板、張り終わりです(^_^)

IMGP1556

 

さて次は、瓦屋さんの、出番です。

ルーフィングを張り、瓦桟を打ちます。

過酷な暑さの中の作業です。

IMGP1618

地瓦葺きです。

桟葺きですが、土も載せています。

IMGP1623

地瓦も葺き上がりました。

三州のいぶし瓦です。

IMGP1631

地瓦も葺き終わり、

鬼瓦の取り付けです。

古代鬼面の鬼瓦です。

カッコイイお顔です!!

IMGP1652

棟を積んでいます。

IMGP1657

暑い中作業は進みます。

IMGP1666

ちょんまげのような、

「鳥休み」も付き

かっこよく、葺き上がりました(^_^)

小鳥さんは休んでくれるでしょうか??

IMGP1691

 

現場横では、歩み板を立て、シートを張り、土壁のプールを作ります。

工期が長いので、時間を有効に使います。

IMGP1094

藁が腐り、繊維質になり、発酵が進んでいるので、かなり臭い。

触れば手がすべすべになります。

女性の顔パックに良さそうです。

 

IMGP1572

発酵は良いです。

納豆

味噌

柿渋

土壁

最高。

IMGP1166

月に一度、撹拌します。

IMGP1570

 

上棟後の足固め

割り楔で拘束しています。

IMGP1779

雇枘に込栓・車知で引き寄せています。

IMGP1776

鼻栓で止めています。

IMGP1567

家の中心の柱の、四方差しです。

鼻栓・車知の仕事です。

IMGP2858

 

 

貫板です。厚みは一寸。

止りの部分は、上げ鎌・下げ鎌で納めます。

IMGP1596

楔を打ち込みしっかりと固定します。

IMGP1597

貫のジョイント。

柱の中は、写真のように仕事がされ、

引き抜けない造りになっています。

IMGP1576

角柱の貫の仕事です。

柱の中で、噛み合わせることで、しっかりと固定します。

IMGP1594

外部に出た貫は化粧になります。

IMGP1577

貫も入ったところで、小舞屋さんによる、小舞掻きです。

土を付けたくないくらい、綺麗です。

縄は、棕櫚縄を使い、

オーバーハングになりやすいように、

竹のマス目も少し大きめにします。

IMGP1605

小舞屋さん曰く、高齢なので、この現場で最後にしようかな!と

さみしい限りです。

需要が少ない分、担い手が少ない!

土壁の家がもっと増えればいいですが。

IMGP1615

 

 

小舞掻きの工事も終わり、次は左官屋さん。

下から土を放り投げ、うまくキャッチして、塗って行きます。

IMGP1672

 

 

良い感じに、オーバーハングしてます。

IMGP1681

土壁が発酵して、すごく緑色です。

IMGP1697

 

 

 

石場建ての家の床下は、基本的に塞ぎませんが、

ユニットバスの為、

浴室の床下のみ、動物が入らないように、塞ぎます。

敷居を入れています。

IMGP1947

 

風が通るように、板の裏からは、パンチングを張っています。

上げ下げの、建具のようにして納めます。

外部の写真です。

IMGP1948

 

 

内部の写真です。

IMGP1951

 

床上げ工事が始まりました。

4.5尺~一間飛んでいるので、

根太は、寸五×四寸です。

大きいです。

IMGP2845

屋根と床板のみ、断熱材をいれます。

いつか、自然素材の断熱材を使いたいです。

IMGP2892

 

 

宍粟杉の床板です。1寸の厚みがあります。

綺麗で、湿気をよく吸ってくれそうです。

健康の為と、数十年後の改修で、めくり易いように

床板は、接着剤を使いません!

IMGP2946

 

トイレは、腰見切りを入れ、杉の腰板張りです。

IMGP3002

 

 

床のお仕事。

二枚をはぎ合せ、蟻桟を切り、床板を納めます。

IMGP3056

 

玄関の下駄箱です。

釘を使わず、組み立てます。

縁起のいい鶴も飛んでいます。

 

内部造作そろそろ終了です(^_^)

IMGP3074

 

 

内部造作も終わり、玄関の庇に取り掛かりました。

ここでもやはり、束石は自然石。

IMGP3083

 

 

石に当たる部分の写真です。

カーボン紙を使って、柱を載せ、当たるところが、黒い部分です。

もうひと削り。

KIMG0608

 

 

柱と腕木が納まり、桁が収まるのをまちます。

屋根の、荒野地板はやはり、コンパネではなく杉板です。

板金屋さんが、ガルバリウム鋼鈑の屋根を葺いています。

IMGP3158

 

外部の腰板張りです。

「目板張り」と言う張り方です。

板と板は少し間をあけて、

板が割れないようにする為、

板の片方だけに釘を打ちます。

IMGP3197

抑え縁を、ビスで抑えて行きます。

 

IMGP3208

やはり、腰板を張れば家が引き締まります。

田舎の景色に溶け込む建物になればと思います。

桜が綺麗です。

IMGP3253

 

破風板です。

破風板は、よく日光に当たり、雨にも当たり、環境が過酷な為、

仕上げにもう一度、桐油を塗ります。

IMGP3271

 

 

鉋で丁寧に仕上げている為、ピッカピカです(^_^)

IMGP3272

 

 

こちらもピッカピカ。

これから数十年、屋根を守り、

屋根の装飾として、活躍してもらいましょう。

 

IMGP3273

 

前景です。

残すは左官工事です。

IMGP3260

 

 

 

柱と塗り壁の隙間があかないように、

一部分だけですが、「のれん」を施工しています。

 

のれんを打つ部分と、打たない部分を作って、

どのように変化をするかを見届けます。

IMGP3311

 

先にのれんの部分を塗って行きます。

 

IMGP3312

外壁の左官工事も終了です。

 

IMGP3374

 

玄関ポーチです。

延石をまわり、洗い出しの準備です。

IMGP3376

洗い出しの工事

無事終了しました。

IMGP3405

 

さて、楽しみにしていた、ペレットストーブの取り付けです。

長野県から、鐵音工房さんの自社製品の、電源のない、ゼンマイ式の

ペレットストーブです!!

 

IMGP3393

きっちりと施工されています。

 

IMGP3394

 

長い煙突が付きました。

高低差をつけ、空気の引きをよくする為です。

IMGP3426

 

 

着工から、1年4カ月かかり

ようやく竣工しました。

本当にやれやれ。精魂を使い果たした感じです。

 

IMGP3414

外観は

石場建て

弁柄塗り

いぶし瓦

むくり屋根

真壁造り

の印象的な家です。

 

IMGP3417

 

 

個性的な鬼瓦

煙突が良い感じです(^_^)

IMGP3441

 

ようやく出来上がり、

小川建築初めての、一日だけの、お披露目会を開催しました。

写真はないですが、作業場内では

「雑貨&カフェ so-co.」さんによる出張カフェ

を出店して頂きました。

IMGP3514

 

家の中は、要所に説明書きのボードを置いています。

 

造り付けの仏壇です。

IMGP3504

 

母親のパッチワークの飾りつけです。

IMGP3502

小川建築事務所。

破風板の芯材を利用した、テーブル。

二枚はぎ合せです。

IMGP3500

 

玄関を入れば、畳でおもてなし。

IMGP3496

杉の腰板、杉の床板に囲まれた、トイレ。

リラックス出来ます!

IMGP3508

電源のない、ゼンマイ式のペレットストーブ。

IMGP3512

会場では、岡山から、Kahana’sさんによる

丸鳥焼のフリフリチキンの出店です。

IMGP3516

事務所入り口。

IMGP3444

 

 

お越し頂いた方に、ガラガラ抽選での景品。

桧と杉の鍋敷きです。

1175462_226718210861287_8004102338581105454_n

桧と杉のコースターです。

1901237_225980277601747_6373709841998679862_n

桧のまな板。

10155135_223342504532191_3559638309856832461_n

ほうの木のまな板。

1175398_229198530613255_8998728844958514114_n

皆さん何が当たったのでしょうか??

 

予想をはるかに上回る、100組を超えるお客様に

お越し頂き、大盛況。

IMGP3517

石場建ての家。

地震に強く

美しく

健康的

以降100年以上、この地で活躍してくれるでしょう。

使い終わっても、自然に還る材料で出来ているので、

後の世代にゴミの心配もありません。

もっともっとこのような家が増えることを

心から願います。

 

小川建築  小川芳治

 

 

 

 

 

 

 

 

伝統構法以外の事でも、お家の事なら何でもお気軽にお問い合わせください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • facebook
PAGETOP