伝統構法・石場建てによる、木と土壁の化学物質を使わない健康的な住まいづくり

小川大工の過去帳⑦

2016年2月17日(水)

今日も、天井張り工事は続きます。

天井張りも、そろそろ終盤。

 

キッチンを張り終え。

IMGP0277

洗面所張り終え。

IMGP0279

トイレも張り終えました。

IMGP0280

残すは、納戸のみ。

もう少しです。

 

さて、先日注文していた、ガラケーが届きました。

カシオのG’zOne.

左は今まで使っていた、スマホのトルクです。

IMGP0282

二つ折り懐かしい。

G’zOneのこのフォルム好きです。

IMGP0283

今日、早速AUショップへ行き変更~!

今日から、ガラケー生活に戻りました。

インターネットは使えませんが、料金も月々約2500円と安い!

今まで、もったいない経費を垂れ流していたことに、

なぜ今までこの事に気づかなかったのか。

やはり、こういう事から、パラダイムシフトをしないとね(^_^)

 

ちなみに、事務所内では、wifiの環境下でスマホは使います。

ラインやFacebookでの連絡は、朝夕は確認できますが、

昼間の連絡は、携帯電話か携帯メールでお願い致します。

 

さて明日は天井張り工事が終了し、その後は作業場でまたまた材料の加工に入ります。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年2月16日(火)

さて、朝から、看板板と間竿のセット。

劣化がしにくいように、ラップを巻きました。

IMGP0263

こちらは間竿。

IMGP0264

小屋裏へ搬入しました。

IMGP0265

さて、これがあけられるのはいつなのでしょうか?

お施主様のお孫さんかな?またその子かな?

あけた人が、想いを馳せてくれるのかな?

なんだかそんなことを考えれば、

大工さんって、いい仕事だな~。

時代を超えられるお仕事ですもの。

 

何百年後もこのお家が、皆さんの幸せを見ながら、

建ち続けていますように・・・

 

 

 

 

さて工事は進み。

居間の天井張り。

IMGP0270

天井裏です。

IMGP0268

キッチンの天井張りの途中で今日は作業終了。

作業場に帰れば、積み込み終了。

明日も頑張ります。

IMGP0275

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

2016年2月15日(月)

天井張り工事始まりました。

 

子供部屋・押入れ・ローカを張り終え。

写真は寝室の天井。張り終わりました。

IMGP0252

天井を張り終えるまでにする、

大事なことがあります。

看板板です。

桁の伏図

IMGP0254

越屋根伏図

IMGP0257

足固め伏図

IMGP0262

屋根のむくり図

IMGP0258

母屋の木口図

IMGP0259

 

主に5種類。

この看板板と間竿を屋根裏に納めます。

明日は納める準備をします。

これを見た後世の人は何を思うだろうか?

何を感じるのだろうか?

おもしろいですね。

さて、明日も天井張り工事は進みます。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年2月14日(日)

さて、今日は、春から弟子入りする子の、両親と初顔合わせ。

お父さんは、伝統の大工さん。

お母さんは、建築士さん。

やはり、同じ想いを持つ者同士、話は弾みます。

今後、大事な息子さんを預かるわけですから、こちらも本気でいきます。

いつになるかわかりませんが、

お父さんお母さんと笑顔で出会えるように、なればいいなと思います。

 

そして今日は、建具材が入荷しました。

玄関の建具材。

桧の材です。

IMGP0248

建具材なので、もちろん柾の木です。

きれいな材です。

IMGP0249

 

挽きたて。

もちろん生材。

立てかけ乾燥させます。

IMGP0250

挽きたてですが、時期の良い木なので、含水率は28%くらいです。

桧は乾燥が早く、春を越せば充分乾燥するでしょう。

 

さて明日からはまた現場が始まります。

天井張り頑張ります。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年2月13日(土)

床張りも終わり、朝から養生。

養生って大事なんですよね~。

これを見れば、大工の性格がわかる気がします。

僕はきっちり型です。

 

ロフトの床。

IMGP0243

越屋根の床。

IMGP0246

養生終了。

IMGP0244

床も終わったので、

今度は天井の工事にかかっています。

さて、近頃の新築現場は、クロス貼りの家が多く、

大工さんといえども、木を触ることが少なく、石膏ボードを扱う事が多いようです。

それに比べ、僕は石膏ボードを一切使わず、毎日毎日木を触れます。

なんだかそんな幸せを感じながらお仕事をしています。

毎日楽しいです(^_^)ありがとうございます。

 

話は変わり、昨日、一通のお葉書が届きました。

送り先は〇〇〇〇〇造園さんからでした。

何とも愛嬌のあるお葉書。

普通なら、用事がなければ連絡はしませんが、

何か気になる。

気になる。

気になる・・・

メールアドレスが書いてあったので、

お願いするお仕事もないのに、携帯番号を添えて迷わずメールしました。

そしたら、今日お電話があり。

また出会う約束をしました。

僕は、動物的な感覚があると自分で思っています。

そのお葉書に何かを感じ、何かに吸い寄せられた感じの出来事でした。

何億人いる人間の中で、一人の人間が、出会える人の数なんて、たかが知れてると思います。

なので、出会える人って何かがあるんだって思います。

僕は、その何かの縁を大事にしたいんだな~。

その造園屋さんとは、いい出会いになったらいいな~って思います。

 

さて明日は、春から、小川建築に弟子入り予定の方が両親と一緒に来られます。

山口県から出てきて、こちらで近くの家に下宿するわけなんですが、

遥か遠くから出てくる事を思えば、気合は入っていると思います。

きっと、厳しい日々が続くでしょう。

泣くこともあるでしょう。

楽し事もあるでしょう。

少しでも早く一人前になれるように、

最善を尽くすようにしたいと思います。

そして、お互いが人間として、成長できればと思います。

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年2月12日(金)

工事は順調に進みます。

越屋根部分の床張り。

杉の床板なんですが、赤身の部分の多い床板に仕上がりました!

節はありますが、きれいで、マイナスイオンがあふれています。

IMGP0238

いい部屋になりなしたよ(^_^)

IMGP0239

明日からは天井張りです。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年2月11日(木)

今日は祭日。皆さん楽しまれましたか?

建国記念日。

紀元前660年。神武天皇の即位日だそうですよ。

以下はコピー。

神日本磐余彦命 (カムヤマトイワレビコノミコト) という人物が大和の地に国を造ったのが、日本国の始まりとされています。
この人物こそがのちに神武天皇と呼ばれる最初の天皇で、即位された紀元前660年2月11日を日本国が建国された日として定められました。
建国から現在まで、天皇は、例外なく神武天皇の子孫によって受け継がれてきました。

今年西暦2016年は、皇紀2676年にあたります。
万世一系、天皇が日本を統合して一度も断絶することなく2676年も続いている世界で最も古い歴史を持つ国、それが我が国日本です。

 

 

僕は、現場で床張り。

小屋裏なので、天井が低く立って歩けない為、中腰。

今日は、腰がいつもより痛い。

 

梁丸太と床板の取り合い。

IMGP0223

我ながら上手く張れたと思います。

IMGP0224

框の取り合い取り合い。

IMGP0225

IMGP0227

真ん中に地棟の梁が出てますが、

いいお部屋になりました。

IMGP0229

 

 

さて、また今年確定申告のいや~な時期がやってきました。

最近思うのが、

生きていく為の経費が多すぎる事。

経済の歯車になるのはやめよう。ということで。

今年はいろいろと改革をしようと思います。

 

先ずは、もうすでにお酒をやめました。健康のためとお金の無駄と時間の無駄を省けます。

省いた時間で、出来るだけ本を読もう。

次は携帯のガラケー化を実行しよう。

年賀状もやめよう。

あと、お中元・お歳暮もやめよう。受け取らない渡さない。

 

しかし、今までお世話になったお施主様方には、

お中元お歳暮の時期に定期点検には伺おうと思います。

さすがに手ぶらでは行きにくいので~

カレンダーなんてありえないし~

そうだ、何か端材で木工製品を作ろう。

それの方が喜んでもらえそうだしな~

何を作るか考えるのも楽しいしな~・・・・・・

 

なんだか話が脱線してきたのでこの辺で。

大工の独り言です~。

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

2016年2月10日(水)

今日は、越屋根部分の床の下地工事。

天井板の上に1寸の下地兼配線スペースを設け、

その上に根太を取り付けします。

IMGP0212

根太は桧。

45mm*60mmのサイズ。

床板が15mmなので根太の間隔が広すぎると、床板が根太間でたわむので、

8寸足らずのピッチで施工しています。

IMGP0213

 

今日は電気工事も始まりました。

IMGP0221

明日は祭日だそうですが、

関係なくお仕事頑張ります。

ではまた明日!!

 

 

 

 

2016年2月9日(火)

2階の床部分の天井も張れましたので、

今度は床の下地。

IMGP0208

30mmの天井下地兼配線スペースの上に

根太を固定します。

ロフトで4畳半のサイズです。

IMGP0209

次は越屋根部分の床工事。

 

作業場に帰れば宵積み。

2階の杉の床材です。

雪がちらついていたので、早朝に荷造りします。

IMGP0210

明日からは電気工事が始まります。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

2016年2月8日(月)

天井張りは続きます。

子供部屋。

IMGP0203

ダイニング。

IMGP0206

越屋根の部屋。

IMGP0207

家中、木に囲まれています。

落ち着いた暮らしの出来る、いいお家になるでしょう。

 

さて天井張りは明日も続きます。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年2月7日(日)

今日は框の取り付け。

IMGP0182

5分のビス穴。

IMGP0183

隠すのはこれ。

樫の木の栓。

IMGP0185

打ち込み

IMGP0187

完成。

IMGP0188

ロフトの上がり框出来ました。

IMGP0192

框も取り付け完了し、

今度は天井張り。

杉の相シャクリの板を張ります。

IMGP0193

片側完成。

IMGP0196

玄関の天井は完成。

IMGP0198

やはり、いいですね!ムクの木の家づくり。

現在、いろいろな工法での家の建て方がありまりますが、

 

石場建てによる、土壁・ムクの木の家づくり。間違いない!!

最高だ!やっている大工が言うのだから間違いない!!

しかし、ニーズは少ない。

もっと多くの方に、この良さを知ってもらわなければいけない。

もっとアピールしなければ・・・

そして、もっと追求しなければ・・・

 

伝統構法。

日本の文化を守り。

病気から体を守り。

環境破壊から地球を守り。

地震から生命を守り。

って言ってると、

伝統構法は世界を守るのではないのかと思う今日この頃。

 

だから、僕は死ぬ気でやります!

ではまた明日!!

 

 

 

 

2016年2月6日(土)

さて、昨日組んだ手摺の仕上げ。

クサビを打ち込み。

IMGP0171

土台の胴付きもバッチリです!

IMGP0170

手摺の吹き抜け側終了です。

IMGP0169

 

次は、階段の上り口です。

出ていた、雇いホゾを利用します。

IMGP0172

こちらは、床見切り兼、土台の仕口。

IMGP0173

はめ込み。

IMGP0174

車知で引き寄せます。

IMGP0165

 

柱を建て、貫も入れ、

IMGP0176

完了~。

IMGP0177

通路は少し狭いですが、

主要な部屋ではないので大丈夫です。

IMGP0180

家の中で家を建てたような手摺ですが、

いい感じに仕上がりました。

 

さて、このように造作は続きますが、

今後も伝統構法による家に携わっていきたいと思います。

伝統構法の仕事はもちろん、

その家で、どう暮らすかが課題になります。

どう暮らすには、やはり冬場は家には火がいるという事。

日の取り入れ方。

そして、夏場は風の抜けやすい窓の配置。

やはりそのあたりに重点を置いて家づくりの深みに入りたいと思っております。

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年2月5日(金)

今日は友引ということで、柱建てにはいい日なので、

家の中で建前をしました。

先ずは、貫の穴掘りから。

IMGP0157

貫のサイズピッタリに掘ります。

IMGP0159

途中、忙しく写真を撮れませんでしたが、

上手く組めました。

居間からの眺めです。

いい感じ♪

IMGP0160

2階からの眺め。

明日はコミセンと楔で固めます。

IMGP0162

 

手摺と並行し、ユニットバスの組立。

さすがTOTO製。

床もしっかりとしています。

IMGP0151

浴槽も据わり

IMGP0152

夕方までに組みあがりました。

あとは、忙しかったので写真はありません。

ゴメンね。

さて明日も大工は、もう一つの手摺を組みます。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

2016年2月4日(木)

手摺材の加工は続きます。

少し手こずっております。

ロフトの上がり框です。

 

目地入れにして組みます。

メス側。

IMGP0149

オス側。

IMGP0148

組んで留の胴付きと直角の確認。

IMGP0146

その後、材を持って現場に搬入。

明日から大工はひさびさの現場です。

明日はユニットバスの組立。楽しみです。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

2016年2月3日(水)

手摺材。加工は進みますが、

なかなか終わらない。

 

土台の部分。

天井板しゃくり。

根太しゃくり。

床しゃくり。

沢山しゃくっています。

IMGP0142

桧の貫板。

IMGP0143

柱も仕上がり。

IMGP0144

こちらは、階段の上り口の手摺。

IMGP0145

沢山加工しましたが、まだあります。

明日は、加工が済み次第、現場に向かいます。

ではまたあした!!

 

 

 

 

 

 

 

2016年2月2日(火)

手摺の刻みは続きます。

貫穴。

大きさを確認しながら掘り進めます。

IMGP0136

貫の端は下げ鎌の仕事。鯖の尾枘(さばのおほぞ)ともいいます。

IMGP0135

勾配を確認。

IMGP0134

車知のお仕事。

IMGP0139

土台と柱は一部は込栓にて引きます。

IMGP0141

IMGP0138

仮組み完成~!

IMGP0140

明日もまだもう少しかかりそうです。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

2016年2月1日(月)

早いもので、今年も1か月が終わりましたね。

今日から、2階の手摺材のお仕事。

 

やはり、お家に合うように手摺を通し貫での仕上げにします。

 

朝から加工も終了し、

墨付け。

IMGP0133

墨付け終了。

IMGP0130

刻みの機械も準備完了。

IMGP0131

明日は刻みです。

 

 

さて昨日は、ある方とお話をしていたところ、こんな話が。

大工さんって、プライドが高い。

プライドが高いので、大工さん同士で仲良くしないとか、

プライドが高いので、今までの大工さんは営業努力を怠ったとか。

その、プライドのエネルギーをいい仕事に注ぎ込んだらいいのにな。ってお話。

 

自分は、奈良や京都のどこそこで修行をしたとか、どこそこの有名な親方で修行をしたとか、

そんな、ちっちゃい事どうだっていい!

大事なのは今の自分。自分がどういう気持ちで、どうしたくて仕事に取り組んでいるかだ。

どうしたいのかが決まれば、自ずと行動に現れると思うのですが・・・

大工さん同士、情報を共有し、切磋琢磨すればもっといい建築業界になるのでは?

 

さあ、明日も寒そうですが、頑張ります。

ではまた明日!!

 

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

2016年1月31日(日)

鳥取より帰りました。

さて、何をしてきたかというと、

鳥取の大工さん・山師さん・左官屋さんに会いに。

 

 

先ずは智頭の製材所へ。

智頭といえば、良質の杉が育つことで知られています。

90歳を超えられたおじいさん。

まだまだ現役でお仕事をされています。

やはり、毎日、杉の香りをかいでお仕事をされているので、健康なのでしょうか?

IMGP0097

そして、智頭といえば、材木で財を成した、

石谷家住宅。

IMGP0099

洗い出しの玄関土間。

IMGP0102

石谷家と周りの風景の欄間

IMGP0106

珍しい床

IMGP0107

位の高い部屋からのお庭。

IMGP0110

障子を説明してくれています。

IMGP0111

やはり、石谷家一番の見どころ。

梁組。

写真では伝わりませんが、梁のボリュームがすごすぎて

言葉を失います。

一般住宅と現実離れしていますが、

やはり昔の建築を見ると勉強になります。

IMGP0119

 

そして、市内へ移動。

鳥取の大工さんと左官屋さん施工された

うつわ屋さんへ

IMGP0127

左官仕事がひかっています。

IMGP0128

その後は懇親会。

林業家・左官屋さん・建築士さん・大工さん

アツアツな皆さんであつ~いお話が日付が変わるまで続きました。

また、今後の仕事の幅が広がったでしょう。

ではまた明後日!!

 

 

 

 

 

2016年1月29日(金)

加工は続きます。

今日は根太の加工。

これは1.5日分の成果です。

IMGP0080

まだまだ加工は続きます。

 

さて、明日は少し手を止めまして、

岡山と鳥取まで行って参ります。

遊びじゃないですよ。仕事です(^_^)

明日は泊まりなので、日記帳はお休みさせて頂きます。

ではまた明後日!!

 

 

 

 

 

2016年1月28日(木)

加工開始。

先ずは、2階の床材の仕上げ。

等級分けしています。

IMGP0069

天井材。

洗面所などの壁材。

IMGP0071

天井下地材、一回戦。

IMGP0072

天井下地材。2回戦。

IMGP0075

含水率も16%。

よく乾きました。

IMGP0074

 

さて、今日はスマホのアプリをほとんどほかしました。

僕のスマホはスカスカです(^_^)スッキリ~(^_^)

なぜ?って。

一日を通して、スマホを触っている時間が多く、

時間がもったいないな~と思っていたのと、

生活するうえで、守るものが多いので、少しづつ守るものを減らそうと思っています。

不便に徐々に慣れて、ガラケーにしようと思っています。

そしていつかは、携帯電話をほかそうかと思います。

変な人でしょ(^_^)

 

ちなみにラインやFacebookはPCでできるようにしています。

しかし、ラインは相手の設定でメッセージが見えない場合がありますので悪しからず。

スマホではライン、Facebook、Facebookメッセンジャーをしていないのでお急ぎの方は、お電話ください。

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年1月27日(水)

今日は朝から床の養生。

納戸。

IMGP0055

トイレ。

IMGP0056

洗面所。

IMGP0057

僕は、性格が、几帳面な方で、きれいになってないと

きがすみません。

この養生。なんでもない仕事に思えますが、

大工さんの、性格・仕事が出来るか出来ないか、よーくわかる仕事なんですね~。

重要です。

 

今日は午前中が現場の予定だったので、

少し時間があったので、時間が経って緩んだ車知栓を締め直し、

胴栓を打ち込み固定しました。

家が締まったように思えます。

 

さて、午後からは、作業場に帰り加工。

明日は、2階の床材の仕上げと、

天井板を仕上げる予定です。

IMGP0068

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

2016年1月26日(火)

床張り工事最終日。

140枚ほどの杉板を張ったわけですが、

その中には、赤身・源平(赤白)・白太(白身)があります。

やはり、節のない赤身が一番価値があり、きれいです。

部屋ごとに、等級分けして張るのですが、

玄関や居間にいい板を張ります。

等級分けして最後に残るのが白太です。

 

その白太は、あまり目につかない納戸に。

IMGP0051

 

赤身のいい板をトイレに

IMGP0052

源平ですが、赤身の多い板を脱衣場に。

一番濡れるであろう、風呂の出入り口に、赤身の板を張りました。

要するに適材適所。

IMGP0054

今日は、お施主様との久々の打ち合わせ。

寒い中約2時間。

現場に立って頂いての高さや大きさの確認作業でした。

大事な大事な作業です。

 

さて床張りも終えましたので

明日からの現場は次のステージへ。

頑張ります。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年1月25日(月)

気持ち。

気の持ち方。

自分の気持ちのコントロール、

わかっていたようで、全然わかっていない。

まだまだ、ヘタレだ!もっと自分を見つめ直さないと。

 

喜んで頂ける家を残したいので・・・

精進します。

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

2016年1月24日(日)

今日は完全OFFです。

 

さて今年になってから、刺激的な出会いが続きます。

この刺激的な出会いがあってか、自分の気持ちが変わるのがわかります。

 

同じような方向を向いてるような人たちでも、

微妙に方向性が違ったりしますが、

同じ方向の仲間とは切磋琢磨しながら、

僕は僕なりの道を進もうと思います。

その道が少しづつ見えてきましたよ!

楽な道ではないでしょうが、勉強しながら進みます。

ではまた明日!!

 

 

 

 

2016年1月23日(土)

豊岡へ。

播磨屋さんの私物。三重の塔へ行きました。

KIMG0501

KIMG0500

KIMG0499

KIMG0494

大工さんにもいろいろと得意分野がありまして、

屋大工・宮大工・などがあります。

屋大工ひとつとっても、

伝統構法・在来工法・ツーバイフォー・建売・いろいろ・・

僕としては、屋大工・伝統構法の部類でしょうか。

 

なので、僕にとっては三重の塔といっても、正直ピンときません。

 

 

なら、で、なぜ行ったの?

 

僕には明確な理由がありました。

三重の塔の見学はそこそこに、適合判定を通された川端さんに出会いたくて。

今後、僕が石場建ての家を建て続ける以上、いつかはお世話になるであろうお方です。

 

そして、お話をするタイミングをはかっていたところ、

隙間があったので、名刺をお渡ししました。

 

「あの有名な小川さんですか?」と川端さん

鵤工舎の小川さんと間違えたの??

僕はFacebookをしている、建設業の方では多少知られていますが、ハナクソみたいなものです(^_^)

 

何にせよ、人と繋がりがまた一つ増えたのをうれしく思います。

「袖すりあうも多生の縁」多く生まれるという事だそうです。

人との繋がりは今後の僕の最高の財産になることでしょう。

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年1月22日(金)

川田さんと語る会終了しました。

21名の大人数の中、対話形式で行われたわけですが、

大人数で意見が言いにくい中、いろいろなお話が出来たと思います。

とても為になるお話が聞けたので、とてもいい会になりました。

来て頂いた方も、今後の何かのヒントになればいいな~と思います。

 

 

本の販売もしました。

IMGP0037

 

写真は沢山撮りましたが、この辺で。

IMGP0048

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

2016年1月21日(木)

 

川田さんの「語る会」いよいよ明日です。

川田さん

参加者が21名という事で、当初思っていたより大人数ですが、

どのような会になるでしょうか?

活発な意見交換ができればいいと思います。

楽しみです!

 

現場は、床張り工事は、もう少し。

あと1日か2日で張り終えそうです。

 

夕方は、明日の会場の準備です。

IMGP0030

会場のライトアップと

少しでも暖かいように毛布を敷いてみました。

まだ足りていませんが。

IMGP0028

明日は、語る会終了後、懇親会がありますので、

日記帳はアップ出来るでしょうか。

出来るだけ頑張ります。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

2016年1月20日(水)

まだまだ床張りは続きます。

サンルームを張り終え。

IMGP0026

キッチンも張り終え。

だんだんと範囲が狭まってきました。

IMGP0025

最終の床材も宵積みをし、

明日に備えます。

IMGP0027

ではまた明日!!

 

 

 

 

2016年1月19日(火)

今日は猛吹雪でしたね。

外は寒いですが、戸締りが出来たので、

家の中は全然寒くなくて、快適に作業は進みます。

 

居間の床張り。

いい感じです。

IMGP0013

傷を付けたくないので、

養生をしながら進みます。

IMGP0016

居間は張り終え、

IMGP0015

サンルームはもう少しで作業終了。

今日もよく働きました。

IMGP0014

 

材料を運びたいですが、明日は雪が積もりそうです。

積もらないでほしい・・・

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年1月18日(月)

床張り工事進んでいます。

 

玄関から居間を望む。

IMGP0001

居間から子供部屋。

IMGP0003

子供部屋から子供部屋。

IMGP0004

養生も出来たので、

IMGP0006

次は居間の床を張ります。

IMGP0008

 

明日も寒くなりそうですが床張り頑張ります。

では、また明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年1月17日(日)

早いもので、震災から21年だそうですね。

最近は各地で地震が頻発しています。

南海トラフもやばいとかなんとか言ってるし、

僕が住む付近は山崎断層も近い将来には一度来るといわれています。

 

石場建ての家を建てているので、建物には自信を持っていますが、

備えは常にしておきたいですね!

 

さて、今日もお仕事に励みました。

今日も床張り。

玄関を張り終え、

IMGP9070

IMGP9069

そして養生。

IMGP9073

子供部屋を張っています。

もう少しです。

IMGP9071

明日は養生をして、

居間の床張りにかかります。

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年1月16日(土)

さて、いそいそと床張りをしていますが、

真壁の家の床張りはなかなか手間がかかります。

思うように進まず、忙しいスイッチが入っています。

なので、またまた写真を撮り忘れております。

明日もお仕事ですので、しっかり撮っておきます。

 

ではまた明日!!

 

 

2016年1月15日(金)

寝室床張り終了しました。

IMGP9068

 

地窓から入る太陽で、

超逆光ですが、きれいに張りあがりました。

次は居間と子供部屋です。

疲れましたので今日はこの辺で・・・

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年1月14日(木)

今朝の一宮町は-2℃。

外では雪が舞っています。

寒い中、朝から加工。

そして積み込み。

勾配が急だと荷物が滑り落ちるので、

簡易式のアオリを付け、現場に向かいます。

IMGP9062

せっせと一人で搬入~。

超仕上げで仕上げているので、

取り扱いには、超気を使います。

IMGP9063

夕方から張りはじめ。

先ずは寝室からです。

IMGP9065

明日からは、頑張って本格的に張ります。

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年1月13日(水)

式台・框も組みあがったので、

今日は床張りの段取り。

 

柱がすべて化粧なので、

床板を柱と壁の中にのみ込ませないといけません。

今日は、床板が柱に当たる部分を欠き取る、

「首切り」という作業。

なんだか、気持ちの悪い作業の呼び名ですが、大事な作業です。

ちなみに、写真はございません。

忘れておりました。ゴメンナサイ。

 

明日も、床張りの段取り。

本格的に張り始めるのは明後日からでしょう。

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年1月12日(火)

昨日、加工した桧。

今日は取り付けです。

 

早朝から作業開始。

先ずは、式台のような框から。

IMGP9039

蟻桟の当たるところの仕口です。

渡り顎の仕口です。

IMGP9041

蟻桟の仕事、蹴込板(けこみいた)の入るところの掘り込みを済ませ。

IMGP9042

蟻桟も相欠きにしていますね。

IMGP9043

金物なしでは組みにくいので、造作では金物を使います。

ショーワボルトを使っています。

ショーワボルトはねじ込んでから、ナットで締め込むボルトです。

昭和に考えたのですかね??

IMGP9044

蹴込板の取り付け。

IMGP9045

しっかりと固定します。

IMGP9046

式台のような框と蹴込板を取り付け、

次は、式台を組む準備です。

ここでもショーワボルト登場。

IMGP9051

セット完了。

IMGP9052

蹴込板に差し込みます。

IMGP9053

400年生桧の式台・框取り付け終了!!

節もいきいき。めっさきれいです!

IMGP9055

ネオマフォームも入れ終わり。

IMGP9057

完了~。

今日はいい段取りでお仕事が進みました。

よかったよかった。

IMGP9058

 

明日も早朝から、現場で頑張ろうと思います。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

2016年1月11日(月)

式台・框の仕上げ終了。

IMGP9038

桧自体は削り易い木ですが、

大きな節がある為、刃の出を極限まで薄くし、

節の周りは目が巻いている為、抑えをかなりきかせて削ります。

鉋の仕込みが良かったのでスムーズに削れました。

IMGP9035

他もいろいろな加工を施し、

現場に向かい段取り。

明日は取り付けです。

 

さて、来たる1月22日の告知です。

チラシを作りました。

川田さん

川田さんと語る会を開きます。

なかなか聞けない、踏み込んだお話が聞けると思います。

興味のある方はご連絡下さい。

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年1月10日(日)

お仕事再開です。

400年生桧の玄関の式台と框。

IMGP9023

一枚板は反るので、蟻桟を切り。

IMGP9024

桟を叩き込みます。

IMGP9025

耳の部分も削りました。

IMGP9032

少し残業で、

式台と框の蟻桟取り付け終了。

IMGP9033

明日は仕上げをします。

仕上げ終了後は現場に行こう。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

2016年1月9日(土)

無事に帰りました。

どこに行ってきたかというと、

京都府南丹市美山町

「美山里山舎」というところに行ってきました。

暮らしの自立することを目指されているところです。

写真は許可を得ていないので、載せませんが、

詳しくはHPをご覧ください。

素晴らしいところで、一言では言い表せません。

 

僕自身、カルチャーショックをうけ、

今後の仕事内容がが大きく広がる予感がします。

ホントに行って良かった。

今日のこの日の事を忘れずに、お仕事に励みます。

 

どう生きたいのか?

どう暮らすのか?がわかれば

自ずと答えは見えてきます。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

2016年1月7日(木)

床板を仕上げています。

超仕上げという機械で仕上げています。

写真はありませんが。

超仕上げさんは、僕とほぼ同年代のアラフォーです。

ある意味、僕より調子が良くまだまだ頑張ってくれそうでなによりです。

昨日と今日で、これだけ頑張ってくれました。

IMGP8992

各部屋に等級分けして積んでいます。

大工さんに張ってもらうまで、出番を待ちます。

次は、玄関式台・框の加工をします。

の前に、明日は京都まで行ってきます。お泊まりです。

どこへ行くかはまだ秘密です。

お仕事ですよ~(^_^)

後日報告します。

 

よって、明日の日記帳はお休みさせて頂きます。

ではまた明後日!!

 

 

 

2016年1月6日(水)

床板。

越屋根のある石場建ての家。床材は杉を使います。

サイズは30mm×180mm。

既製品を使うわけですが、仕上げはペーパー仕上げです。

 

でも僕は仕上げます。超仕上げです。

 

ペーパーだと、細かい傷を付けているだけなので、

汚れやすく水を吸い込みやすく表面の仕上がりが悪いです。

 

超仕上げだと、綺麗で、水をはじき、手入れもしやすく、ワックスものりやすい。

なにより、使い手のモチベーションが変わるのでは??

ですから僕は、手間はかかれど仕上げます。

IMGP8986

IMGP8987

IMGP8988

明日も一生懸命仕上げます。

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年1月5日(火)

休みボケの影響もなく、床上げ工事は順調に進みます。

 

居間。

IMGP8982

電気配線が通る箇所もあります。

IMGP8975

寝室。

IMGP8983

納戸。

IMGP8984

納戸からキッチンを見た絵。

IMGP8985

断熱材入れは今日で終了。

 

本当は化学物質を使わない家づくりをしたいですが、

屋根断熱と床下断熱は、ネオマフォームを使用しています。

総合的に見て、今一番いいのがネオマフォーム。

 

究極は床板を分厚いものを使って、断熱材を入れないのも選択肢のひとつ。

あとは、僕のお友達が施工されている、床下に壁土を入れる方法。

方法はいろいろあります。

その時に思うベストな方法で施工していきたいと考えています。

 

明日は作業場で床材の仕上げです。

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年1月4日(月)

2016年初日。

床の断熱材入れから始めました。

バタバタとしていたので、写真を撮り忘れました。

ごめんなさい。

 

さて今回使っている断熱材。ネオマフォームといいます。

フェノールフォームといい石油化学系の断熱材ですが、

年末に燃焼実験をしてみました。

IMGP8957

表面が炭化するだけで燃え広がりませんでした。

よかったよかった。

 

かたや、住宅で現在良く使用されている、

ポリスチレンフォームの場合。

IMGP8959

一瞬にして火が付き

IMGP8960

メラメラと燃え広がりました。

IMGP8961

少しの時間でなくなりました。

IMGP8963

ガスバーナーで燃やしましたが、

これが家の中だと思うと、ぞっとします。

IMGP8962

材料のチョイスは慎重にしたいですね・・・

 

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

2016年1月3日(日)

今年三日目。

事務仕事もひと段落し、

明日から現場に出るための、道具の積み込みも終え、

空いた時間で本を読んでいます。

 

その本には、

 

家は建てる時から、建てた後に「どう暮らすか」という事。

「どう暮らすか」「どう生きたいか」が決まると自ずと形は決まります。

変なマニュアルやイメージ図は要らない。

 

あと、現代の電気に頼り切ったエネルギーの問題。

今、僕が頭の中でうっすらと思っていることが、

文章で書いてある。

今年以降、今後の最大のテーマになりそうです。

 

価値?

お金?

幸せ?

いい会社に就職して沢山稼ぐのが、幸せとは限らない。

おいしいものを食べるのが、幸せとは限らない。

いい車に乗るのが、幸せとは限らない。

 

今、多くの方が抱いている、固定観念を捨てない限りは、

 

人の優しさや温かみも、義理人情もない。

 

中身の無い上っ面だけの人付き合い。

 

このクソみたいな世の中は変わらない。

 

少しづつ気が付いてきました。

まっ、人によって幸せは違いますが、

僕は、皆さんが幸せになれる家づくりをしていきたい。

そうすることで、少しづつでもいい世の中になるのでは?

 

完璧な答えはまだ出ていないけれど、答えをじっくり探しながら頑張ろうと思います。

 

ではまた明日!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年1月2日(土)

新年あけましておめでとうございます。

皆様、ごゆっくりお休みですか?

今日から、日記帳を再開しようと思います。

僕の方は、年末30日に仕事を納めましたが、

31日もゆっくり休むことなく、事務仕事、HPの更新。

慌ただしく年末を終えました。

元日はゆっくり家族と暮らし、年に二回あるかないかのダラダラとした日になりました。

 

 

今日2日は、仕事初めといいますか、

次に取り掛からせて頂く改修工事の修正見積りの作成、HPの更新をしておりました。

 

今年は、日々後悔が無いように、

毎日全力で、毎日を大事に過ごしていこうと思っています。

 

さて明日も、事務仕事の予定です。

日もいい事だし、明後日の4日から初出をしようと思います。

 

今年も宜しくお願い致します。

 

HPのページを若干更新しております。

『越屋根のある石場建ての家』「連続写真」「墨付け・刻み」更新しました。

とても長いので、また、時間がある時にゆっくりと見てください。

 

 

ではまた明日!!

 

 

 

伝統構法以外の事でも、お家の事なら何でもお気軽にお問い合わせください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • facebook
PAGETOP