古民家再生工事

小川建築は、古民家再生工事も承っています。そもそも古民家とはどのような建物が古民家なのでしょうか?

兵庫県が定める古民家の定義は、おおむね50年以上経過した建物で、

・軸組工法で建てられた建築物。

・金物を使わず伝統的な継ぎ手・仕口を用いた建築物。

・筋違いは使わず「貫」を用いた建築物。

・主要壁は、土塗り等の湿式工法の建築物。

・屋根は、和瓦又は茅葺き等伝統的素材を用いた建築物。とあります。

小川建築は兵庫県の「古民家再生の専門家」に登録しています。今までに培った木をつなぎ木を組む伝統構法建築技法の技術を生かし、その建物の特性を生かした改修方法を提案します。詳しくはお問合せ下さい。